関西の美術館・博物館などの文化施設が入館無料に! 「関西文化の日プラス」9月に開催

関西2府8県のエリア内の美術館・博物館などの文化施設の入館料(原則として常設展)が無料になる「関西文化の日プラス」を開催します。
「関西文化の日」は、例年11月に実施していますが、今年度は、国際博物館会議(ICOM)京都大会開催記念、RUGBY MATSURI PROJECT 2019認定イベントとして、これらの会議・イベントが開催される9月にも、特別企画として実施。現在、約300施設が参加登録をしています。関西の様々な文化施設を訪れ、関西が誇る長い歴史に培われた豊かな文化・芸術をご堪能ください。
「関西文化の日プラス」の参加施設の設定日やアクセスなど、詳細はホームページをご覧ください。

なお、11月には従来どおり、2019年11月16日(土)~17日(日)を中心日として、「第17回関西文化の日」を実施します。参加施設の情報は、10月上旬にホームページ上で公開予定。

【関西文化の日プラス 概要】
日時:2019年9月中の特定の日(特定日は施設ごとに設定)
参加施設:福井県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・徳島県・京都市・大阪市・堺市・神戸市の施設が参加
参加施設数:約300施設(予定)

ホームページ:
https://www.kansaibunka.com/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE