厳かに優美に舞う「武雄の荒踊」佐賀県武雄市にて9/23(月・祝)開催

武雄の荒踊(たけおのあらおどり)は、旧武雄領のみに伝わる民俗芸能で、その由来は遠く諸説ありますが、今から約470年前の戦で戦勝を祝して、足軽たちが即興的に踊ったのが始まりと言い伝えられています。戦前までは約20地区に伝承されていましたが、現在は、3地区(中野・宇土手・高瀬)が武雄の荒踊として、1977年に国の重要無形民俗文化財に指定されています。

毎年9月の彼岸の中日に各地区(中野は磐井八幡社、宇土手は正一位神社、高瀬は松尾神社)の氏神社で奉納されています。
荒踊は、モッショ(猛将、 模師匠)とカキ(垣)と呼ばれる踊り手と、笛・鉦・モリャーシ(締太鼓)・大太鼓の囃子方および謡い手から構成されています。 モッショは、先モッショ(2~3人)と後モッショ(1~2人)から構成され、踊り手の中心となる指揮者。その周りにカキが円陣をつくり、謡い手の唄にあわせて力強く軽快に踊ります。
力強く軽快な所作や情緒的な歌詞などは地域的特性が際立ち、伝承の確かな民俗芸能として重宝されています。

【開催概要】
開催日:2019年9月23日(月・祝)
※天候および神事によっては、 時間帯・場所の変更あり。

■中野の荒踊
奉納場所:磐井八幡社(佐賀県武雄市朝日町大字中野5483)
開始時間:10:30から
保存会:中野荒踊保存会(雨天時:中野公民館)

■宇土手の荒踊
奉納場所:正一位神社(武雄市東川登町大字袴野13511)
開始時間:荒踊奉納14:00から
保存会:宇土手荒踊保存会(雨天時:川登中学校体育館)

■高瀬の荒踊
奉納場所:松尾神社(武雄市西川登町大字神六23309)
開始時間:14:00から打込・荒踊開始
保存会:高瀬荒踊保存会(雨天時:高瀬コミュニティセンター)

お問い合わせ:
武雄市役所商工観光課
TEL 0954-23-9237

武雄市観光協会ホームページ:
http://www.takeo-kk.net/event/001418.php

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE