日本最大級ビアガーデンが日比谷公園で5月に開催!世界のビールとお酒「ヒビヤガーデン2018」

昨年度約10万人が「外ビールが、気持ちイイ!」を体感した大人気フードイベント世界のビールとお酒が楽しめる日本最大級のビアガーデン『ヒビヤガーデン 2018』5月18日(金)~ 5月27日(日)日比谷公園噴水広場前にて開催が決定しました。
オフィシャルサイト: http://hibeer.jp

日中は初夏の陽射しが感じられ、シャツ一枚が心地いい爽やかな5月下旬。木々の緑が濃さを増す都会のオアシス・日比谷公園にいち早くビアガーデンを開催します。座席数は約2,000席以上をご用意し、世界中のビールやお酒、フード、パフォーマンス等をお楽しみいただけます。

■ ビールに国境なし!世界中のビールとお酒が愉しめる
ドイツ・ベルギー・チェコ・イギリス・スコットランド・アイルランド・フランス・アメリカ・シンガポール、そして、日本のクラフトビール。 第一回目の開催となった昨年は、世界12ヵ国、約70種類以上のビールとお酒を一堂に集め、その珍しさに約10万人の来場者で賑わいました。屋外に約2,000席以上を用意する規模で、ここまでボーダレスに世界中のビールとお酒が愉しめるイベントは他に類を見ません。

■ ビアガーデンの常識を覆す「フード」「空間」「パフォーマンス」
“すべてはビールとお酒を美味しく飲んでもらうため” を合言葉に、日比谷公園というロケーションをはじめ、フード、空間、パフォーマンスは、屋外ということを忘れさせるほどの上質なクオリティを目指しました。世界中の多種多様なビールとお酒に合せて用意するのは、100種類以上の本格料理です。魚介・肉・チーズ、煮込みや揚げ物など、味はもちろんのこと食べる前に写真を撮りたくなるほどのシズル感でご提供します。
そして「雰囲気が最高!」と来場者をうならせる空間づくり。屋外の飲食イベントでは通例となっているパイプ椅子や会議用テーブルは一切ございません。ソファやダイニングテーブルなどのインテリアで居心地のよさを追求。大噴水をぐるっと囲むようにして設営する店舗や、ステージ前は白で統一した日本初上陸となるユニークなデザインのテントなど、スタイリッシュな雰囲気に。
また、提供する料理が映えるやわらかな照明など細部にまでこだわり、皆さまを非日常空間へと誘います。
ロック・ジャズ・ワールドミュージックなどBGMは、すべて生パフォーマンスという贅沢。野外で聴く音楽はいつもとは違った形で心を弾ませ、会話を弾ませ、ビールをより美味しく感じさせてくれることでしょう。

【ヒビヤガーデン 2018 開催概要】
名称:ヒビヤガーデン 2018
主催:ヒビヤガーデン実行委員会
日程:2018年5月18日(金)~5月27日(日)
時間:〈平日〉16:00~22:30 〈土日〉11:00~22:30
会場:日比谷公園 噴水広場
入場: 無料

公式Facebookはこちら ⇒ https://www.facebook.com/hibeergarden/
公式Instagramはこちら ⇒ https://www.instagram.com/hibeergarden/
公式Twitterはこちら ⇒ https://twitter.com/hibeergarden
公式LINEはこちら ⇒LINE@hibeergarden

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE