仏ソムリエら100名が選んだ最高の日本酒「Kura Master 2019プレジデント賞・審査員賞」発表

Kura Master運営委員会は、2019年7月9日17時(日本時間10日午前0時)パリOECD日本政府代表部大使公邸で行われたKura Master2019授賞式において、審査委員長であるXavier Thuizat(グザビエ・チュイザ)氏(ホテル・ド・クリヨン、 シェフソムリエ)より「プレジデント賞」と「Kura Master審査員賞」を発表されました。

この審査会は、日本酒コンクール史上初となる、フランス全土より集まった93名のフランス人トップソムリエらの審査員がブラインドによるテイスティング審査を行うもの。本年度総出品数720銘柄から選ばれた最高賞の日本酒に与えられる「プレジデント賞」は、仙台井澤家勝山酒造(宮城県)「勝山純米大吟醸 伝」に決定。「Kura Master審査員賞」には4つの出品カテゴリーそれぞれのトップ5、又はトップ2より、4銘柄が選出されました。

【プレジデント賞】
総出品数720銘柄の頂点に与えられる最高賞です。
「勝山純米大吟醸 伝」仙台井澤家勝山酒造株式会社(宮城県)

【Kura Master審査員賞】
以下、4カテゴリーのトップ5、またはトップ2、全14銘柄より選出される賞です。
<1.純米大吟醸酒部門>
兵庫県 櫻正宗株式会社「櫻正宗 金稀 純米大吟醸四〇」
<2.純米酒部門>
静岡県 三和酒造株式会社「臥龍梅 純米吟醸 山田錦」
<3.サケ スパークリング ソフト部門>新設
新潟県 吉乃川株式会社「吉乃川 酒蔵の淡雪」
<4. サケ スパークリング スタンダード部門>新設
高知県 土佐酒造株式会社「スパークリング酒 好」

■Kura Master- le grand concours des sakés japonais de Paris 2019-とは
ワイン生産国として名高いフランスの一流ホテルのトップソムリエらが選ぶ、フランスの地で行うフランス人のための日本酒コンクールで、今年3回目を迎えました。今年は総出品数が過去最多となる720銘柄が出品。
事前に日本酒の知識と利き酒・審査方法の講習を受けたフランス人約100名で構成され、 審査会当日は93名の審査員がフランス全土より参加しました。

その他の賞、詳細情報は公式HPを参照ください。
https://kuramaster.com/ja/concours/comite-2019/laureats/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE