神仏の垣根を超え、慰霊と平和祈願「奈良大文字送り火」8/15(木)開催。今年は開催60回目を記念しコンサートとパレードを実施

奈良大文字保存会は2019年8月15日(木)、毎年恒例の「奈良大文字送り火」を春日大社境内飛火野(慰霊祭・演奏会会場)、高円山(点火場所)で開催。
今年は60回目を記念し、慰霊祭に先駆け、記念コンサートとパレードをJR奈良駅前広場から三条通りにかけて実施します。

奈良大文字送り火は戦没者慰霊を目的として1960年に開始。現在は災害などで亡くなった方々も含めて慰霊を行うとともに、世界平和を祈る行事として毎年8月15日に実施しています。

春日大社境内の飛火野では18:50より、春日大社の神官による神式慰霊祭が行われ、引き続き寺院約30ヶ寺の僧侶による仏式慰霊祭が執り行われます。仏式慰霊祭では奈良県出身のご英霊29,243柱のお名前が読み上げられ、一般の方もお焼香を行うことができます。慰霊祭後の20:00からは、万葉集でも歌われた高円山にある火床に点火され「大」の文字が浮かび上がり、人々が祈りを捧げます。また点火後には、奈良高校OB・OG吹奏楽団「N.W.O.B」による演奏会が飛火野にて行われます。

60回目の開催を記念するコンサートとパレードは15:30から実施。陸上自衛隊第3音楽隊がJR奈良駅東口の駅前広場にて演奏を行った後、三条通りを通って猿沢池前まで演奏を続けながらパレードします。

【「奈良大文字送り火」概要】
日程:2019年8月15日(木)
15:30~16:00 記念コンサート(JR奈良駅東口 駅前広場)
16:30~17:00 記念パレード(三条通り~猿沢池) ※記念コンサート・パレードは雨天中止
18:50~   慰霊祭(春日大社境内飛火野)
20:00~   点火(高円山)・演奏会(春日大社境内飛火野)

URL: https://narashikanko.or.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE