鳥取県の若桜鉄道観光列車「昭和」出発式典3/4(日)若桜駅・郡家駅にて開催!

鳥取県、若桜鉄道株式会社は、工業デザイナーの水戸岡鋭治氏がデザインを手がけた観光列車「昭和」の運行を2018年3月4日(日)から始まることを記念し、出発式典を若桜(わかさ)駅と郡家(こおげ)駅にて開催します。

本列車は、1987年の若桜鉄道開業時に購入した車両の1つを観光列車に改装し、減少が続く利用者の確保と観光客の誘客を目的に運行するものです。車両デザインは、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手がけた水戸岡鋭治氏が担当。外観は沿線を流れる川や水をイメージした「青色」をベースに、車両のシンボルマークには春に車窓から見える「桜」が付けられました。毎週日曜に運行する旅行ツアー限定の観光列車はすでに9月末までの運行が決まっており、全国の鉄道ファンから注目を集めています。

出発式典では、鳥取県平井知事や石破衆議院議員によるテープカットや、地方鉄道と地域活性化をテーマにした水戸岡氏の記念講演などを開催。また、3月1日(木)には、運行に先駆けて試乗会及び内覧会を開催します。

【若桜鉄道 観光列車「昭和」出発式典概要】
日時:2018年3月4日(日)8時45分~(若桜駅)、 9時45分~(郡家駅)
会場:若桜駅、 郡家駅内「ぷらっとぴあ・やず」
運行時間:
【往路】若桜駅 9時15分発~郡家駅 9時45分着
【復路】郡家駅 10時45分発~若桜駅 11時15分着
主な内容:
▼若桜駅
8:45~開会、 主催・来賓挨拶、 来賓紹介
9:00~列車入構、 テープカット、 記念撮影
9:15~列車出発、 地元有志による演舞披露
▼郡家駅
9:50~ 水戸岡氏記念講演(テーマ:地方鉄道が地域活性化にもたらす役割)
10:35~地元有志による演舞披露
10:40~列車乗車

ホームページ: http://www.wakasa-railway.com/showa/


【観光列車「昭和」試乗会及び内覧会概要】
■車両試乗会
日時:2018年3月1日(木)
場所:
コース1.若桜駅9:30発→郡家駅10:00着
コース2.郡家駅10:45発→若桜駅11:15着 ※途中下車不可
参加者:120名(各コース60名)※申込終了

■車両内覧会
日時:2018年3月1日(木)11:30~16:00
場所:若桜駅1番線ホーム
料金:無料※どなたでもご覧いただけます。

<運行エリア>
 鳥取県の郡家駅~若桜駅間の9駅19.2kmを走行。沿線には、2008年近代化遺産として国の登録有形文化財となった駅舎や転車台などの23施設があり、沿線が丸ごと登録有形文化財となるのは、全国で若桜鉄道が初めて です。また、車窓からは昭和時代の原風景をお楽しみいただけます。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE