ホテル雅叙園東京、あかりアート展アートイルミネーション「和のあかり×百段階段2019」7/6(土)〜9/1日(日)開催!

2018年12月に、創業90周年を迎えた日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京では、2019年7月6日(土)から9月1日(日)まで、館内に有する東京都指定有形文化財「百段階段」にて夏の人気企画『和のあかり×百段階段2019』を開催します。第5回目となる今回は、北は青森から南は鹿児島まで40にも及ぶ個人・団体が集結し、新たな展示構成を楽しめます。

「百段階段」とは通称で、ホテル雅叙園東京の前身である目黒雅叙園3号館にあたり、1935(昭和10)年に建てられた当館で現存する唯一の木造建築です。食事を楽しみ、晴れやかな宴が行われた7部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。階段は厚さ約5cmのケヤキ板を使用。階段で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。

■「こころの色彩」をテーマに懐かしさと新しさが融合する展示構成
いつか見たこころの中に映し出される原風景。それは色とりどりの鮮やかな空間美から、 日本美ならではの繊細なものまで様々な景色です。今回初登場となる、宮崎県日南市在住の竹あかり作家 NITTAKE氏による幻想的な空間インスタレーションをはじめ、絢爛豪華な「漁樵の間」と百万人の集客を誇る「長崎ランタンフェスティバル」との色彩コラボレーションが楽しめます。そして、気鋭のサンドアートデュオ emullenuettは、本展のために制作された作品を、欄間をはじめとする会場内で映写する新たな試みを実施します。

■伝統の技法を新たな完成で表現する、世界に誇るMade in Japanの世界
江戸職人によって生み出される東京の「伝統工芸品」の匠の技と、現代デザイナーがコラボレーションし、後世にその技術と文化を継承することを目的とした東京都がバックアップする「東京手仕事」をはじめとする、漆工芸・ガラス工芸・彫金など様々な工芸品をドラマチックに展示、さらに夏の風物詩である江戸風鈴が彩りと音色を添えます。

■人気コンテンツが盛りだくさん! 浴衣にもおすすめの“映える”空間
これまでの展示で特に人気の高かったレジェンド級のあかりアートも展示。絢爛豪華な螺鈿(らでん)の大型エレベーターを降りると、圧倒的な存在感を誇るウエルカムねぶたが登場。会場内では、愛らしい表情の山口県柳井市の金魚ちょうちん、ほおずきや葉・貝など自然の素材を使用した造形作家 川村忠晴氏による草木のあかり、かんざし作家 榮の幻想的な作品、こけし作家 林貴俊氏による表情豊かな石巻こけしなど、人気のラインナップも登場します。熊本県山鹿市の山鹿灯籠浪漫 百華百彩の和傘と、鹿児島県の切絵師 青木文明氏によるアートは浴衣姿で思わず写真を撮りたくなるような映える空間。今回初めて、より写真にこだわる方におすすめの、限定スペシャルチケット(日時指定・定員制)を販売予定。

【開催概要】
展覧会名:「和のあかり×百段階段2019~こころの色彩~」
開催期間:2019年7月6日(土)~9月1日(日) ※会期中無休
開催時間:日~木曜日10:00~17:00(最終入館16:30)
     金・土曜日および8月11日~18日 10:00~20:00(最終入館19:30)
     ※ 8月10日は17:00迄
     ※全作品写真撮影可能(三脚・フラッシュ・商用撮影NG)
入場料:
当日1,600円、前売1,300円(特別前売 1,100円7/5迄 館内(16:30)及び公式オンラインチケットにて)、大学生・高校生1,200円、中学生・小学生600円 ※要学生証呈示、未就学児無料
販売場所:
本展公式ホームページ内 公式オンラインチケット
https://www.e-tix.jp/100event/#akari
会場:ホテル雅叙園東京
お問合せ:03-5434-3140(イベント企画10:00~18:00)
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/wanoakari2019

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE