4月末から3年に1度の瀬戸内国際芸術祭がいよいよ開催! まるで絵画! この春訪れるべき、香川の「映え景勝地」

「The New York Times」や欧米の有力旅行雑誌で、「今年行くべき52カ所」として“ SETOUCHI(瀬戸内)”が上位にランクイン。香川県は、2012年から5年間で外国人宿泊客の延べ人数が11倍以上に増え、全国1位の伸び率を記録するなど、日本からの観光客だけではなく、今海外の観光客からも注目を集めています。
そして、今年は瀬戸内の島々を舞台に3年に1度開催される「瀬戸内国際芸術祭」の開催年。本芸術祭は、春・夏・秋と3回に分かれて開催され、4月26日(金)~5月26日(日)は、「ふれあう春」と題し、春の祭典が開催されます。

アートな県としても人気がある香川県ですが、ふとした街並みや自然がまるで絵画のように見える「映え景勝地」も盛りだくさん。今回は、フォトジェニックな景勝地とともに、地元の人々に愛されるスポットやグルメなどをご紹介します。

直島だけじゃない!
直島だけじゃない! "アート"な景勝地

8つの言語が屋根にデザインされた港の待合所
ジャウメ・プレンサ「男木島の魂」(男木島)

「瀬戸内国際芸術祭」といえば、直島にある「南瓜」のオブジェをイメージする方も多いかと思いますが、実際の開催地は瀬戸内の12の島と2つの港が舞台。

香川の街を見渡す
香川の街を見渡す"天空"の景勝地

観音寺市内と美しい瀬戸内海が一望
高屋神社 本宮 (観音寺市)

「天空の鳥居」としてじわじわと人気が高まっているスポットがあります。香川の街並みと瀬戸内海をのぞむことができる知る人ぞ知る絶景にいざ!

"大自然"をファインダー越しに楽しむ景勝地

4月下旬~5月は、マーガレットの絨毯が広がる
フラワーパーク浦島(三豊市)

心が洗われるような大自然を目の前に、はっとするはず。 アングルに凝ってカメラ越しに写せば、さらに楽しめる。そんな、思わず撮りたくなってしまうスポットです。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE