約200品種480本の梅が織りなす繊細な色彩の趣。小田原フラワーガーデンにて「梅まつり」3/10(日)まで開催中!

神奈川県小田原市にある小田原フラワーガーデンでは、現在「渓流の梅園」にて早咲きの梅が見ごろを迎えています。園では、梅の開花時期にあわせて「梅まつり」を3月10日(日)まで開催中です。

関東でも最多級の品種数を誇る小田原フラワーガーデンの「渓流の梅園」は、約2haの敷地に早咲きから遅咲きまで約200品種480本の花梅が植栽されている色鮮やかな梅園です。梅園は、流れや池などが整備された築山式園地となっており、晴れた日には遠くに丹沢の山並みも望むことができます。
現在開催している『梅まつり』の今年のテーマは「梅の花色~繊細な色彩の趣~」。日本の梅の歴史は奈良時代が始まりといわれており、古くから多様な色彩表現がなされてきました。今回は独特な色彩を持つ品種が織りなす、花の楽しみ方をご紹介します。
品種数の多い当園だからこそ楽しめるバリエーション豊かな梅の花をご堪能ください。

今年は、開花が例年通りのため全体的な見頃は、2月中旬~下旬を見込んでいます。
日々開花状況が変わるため、最新の情報はHPをご確認ください。

毎年梅の開花時期にあわせて実施する「梅まつり」ですが、毎年恒例の人気企画、着物をレンタルして梅園を散策できる「集まれ!きもの女子!~満開の梅に囲まれ、和をたしなむ~」や、地元密着型イベントなど、2月以降もたくさんのプログラムを用意しています。

【開催概要】
開催日:2019年3月10日(日)まで開催中
※休園日(2月12日、18日、25日、3月4日)は梅園の散策のみ可能
時 間:9:00~17:00
駐車場:梅園入口駐車場(普通車140台、障がい者用6台)
駐車料金:無料
所在地:神奈川県小田原市久野3798-5
アクセス:伊豆箱根鉄道大雄山線「飯田岡駅」から徒歩約20分(約1.6kmの上り坂)

<小田原フラワーガーデン HP>
http://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE