約50メートルの桜のインタラクティブアートで春のお花見を体感 「桜とクラゲ」 をすみだ水族館にて開催!

すみだ水族館は、3月16日(土)から4月25日(木)の期間、春とクラゲのインタラクティブアート「桜とクラゲ」を万華鏡トンネルにて開催します。

【春とクラゲのインタラクティブアート 「桜とクラゲ」】
展示期間:2019年3月16日(土)~4月25日(木 )
展示場所:万華鏡トンネル
展示内容:長さ約50mのスロープの壁と天井に約5000 枚の鏡を貼りつめた万華鏡トンネルで、クラゲ水槽や壁面には都会の桜景色をイメージした映像を、床には舞い散った花びらで埋め尽くされた桜の絨毯を投影します。
映像演出は「桜のシーン」と「水のシーン」で切り替わり、雪解けから命が芽吹く春の訪れを感じながら、クラゲ展示を楽しめます。
また、映像が人の動きに合わせて変化するインタラクティブな演出も取り入れています。
そのほか、春の陽気をモチーフにしたオリジナルアロマによる香りの演出や、クラゲのゆったりとした拍動のリズムを楽曲のテンポに採用した春の訪れを感じる明るい音楽など、新しいお花見体験を水族館でお楽しみいただけます 。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE