京都府立植物園にて「桜ライトアップ2019」を3/25(月)~4/7(日)まで開催!

京都府立植物園(京都市左京区)では、平成31年3月25日(月)~4月7日(日)に「桜ライトアップ2019」を、4月19日(金)~4月21日(日)に園職員による「桜散歩」を実施します。
園では、来園者にとっての憩いの場・教養の場として、他の地域や植物園では見ることができない多くの貴重な植物を保有しています。桜についても多様な品種の栽培・展示に努め、現在約200品種まで増えました。一般のお客さまにはこのうち140品種をご覧いただくことができ、関西屈指の規模を誇ります。

【桜ライトアップ2019】
日時:平成31年3月25日(月)~4月7日(日) 日没後(午後6時30分頃)~午後9時 (入園は午後8時まで)
   ※通常午後5時までの開園時間を午後9時まで延長
場所:京都府立植物園「桜林」エリア
料金:通常の入園料(下記参照)のみで観賞いただけます。
内容:
約7,000㎡の敷地、約250本の桜をライトアップします。ソメイヨシノやヤエベニシダレなど、長期間にわたって日ごとに変わる夜桜をお楽しみいただけます。

【桜散歩】
日時:平成31年4月19日(金)午後1時~1時45分
   平成31年4月20日(土)午後1時~1時45分、午後5時~5時45分
   平成31年4月21日(日)午後5時~5時45分
   ※4月8日(月)~5月19日(日)は春の開園時間延長のため、通常午後5時までの開園時間を午後6時30分まで延長(入園は午後6時まで)
場所:園内の桜品種見本園を中心としたエリア
   ※参加希望者は午後1時または5時に植物園会館前に集合。
料金:通常の入園料(下記参照)のみで参加いただけます。
内容:
植物園の職員が園内の桜をご案内します。日替わりで紹介する桜は様々。花びらが何百枚もある「兼六園菊桜」(ケンロクエンキクザクラ)や、黄色の花が咲く「鬱金」(ウコン)、緑の花が咲く「御衣黄」(ギョイコウ)、江戸時代から京都で栽培された歴史ある品種など、他では見られない珍しい桜もご覧いただけます。

《京都府立植物園 施設概要》
住  所:京都市左京区下鴨半木町  
電話番号:075-701-0141
料  金:一般200円、高校生150円、中学生以下無料
     70歳以上の方(要証明提示)と障害者手帳提示の方は無料(温室観覧料を含む)
開園時間:午前9時~午後5時 (入園は午後4時まで)
     3月25日(月)~4月7日(日)は桜ライトアップのため午前9時~午後9時(入園は午後8時まで)
     4月8日(月)~5月19日(日)は春の開園時間延長のため午前9時~午後6時30分(入園は午後6時まで)

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE