別府市による新たなトライ!ラグビーと温泉の融合による世界最強のおもてなし~別府市 「NO SIDE」 プロジェクト スタート 

大分県別府市では、本年9月に開幕を控えた「ラグビーワールドカップ2019(TM) 日本大会」にむけて、ラグビーと温泉を融合させた世界最強のおもてなしを目指す「NO SIDE」プロジェクトを発足。1月7日より、総勢200人以上の市民が参加した世界一ホットな“ウォー・クライ”ムービー「NO SIDE - BEPPU CITY( https://youtu.be/qVUVljOt11k )」を全世界にむけて公開しています。

■ラグビーと温泉の融合を目指す、別府市ならではのおもてなしプロジェクト
別府市は、2019年9月20日~11月2日に開催予定の「ラグビーワールドカップ2019™ 日本大会」における公認キャンプ地として、ニュージーランド、オーストラリア、ウェールズ代表チームを市内に迎える予定となっており、多くのラグビーファンの来訪が見込まれています。そのおもてなしにむけた別府市ならではのコンセプトが、“ラグビーと温泉の融合”。
別府市では2016年11月に、遊園地と温泉を融合させた「湯~園地」計画を発表。100万再生で実現を掲げた公約発表ムービーは世界各国で話題となり、2017年7月には実際に別府市内での開園にいたりました。

その経験を活かし“温泉という世界最強のアトラクションで、世界最強のラガーマンとラガーファンにむけた、おもてなしを開発したい”そんな想いから立ち上がった、「NO SIDE」プロジェクトを通じ、市一丸となって様々な取り組みを展開。

■ラグビーと温泉の共通点の研究から生まれた、 学べるおもてなしムービー
世界中の人々を熱くする“ラグビー”と“温泉”の共通点を徹底的に研究し、それらのエッセンスを凝縮することで、ラグビーファンと温泉ファンの双方にそれぞれの魅力をアピール。“湯桶”を中心に繰り広げられる様々なシーンは、実際のラグビーの試合を観戦する上で役立つ様々なルールや技の解説にもなっており、ストーリーを追いながら本格的なラグビーのプレイを自然に学べるようになっています。

■現役ラグビー部員から市役所職員、一般市民まで。総勢200人以上の市民が参加
ムービーの制作に際しては、 ラグビー経験者を中心にした総勢200人以上の市民ボランティアが参加。市内の高校の現役ラグビー部員や顧問、ラグビー経験のある市役所職員や、実際におもてなしにあたる一般市民まで、様々な市民が一丸となって完成させました。

別府市では、本動画の発表を皮切りに、様々なおもてなしの取り組みを進めて行く予定。

【動画概要】
・動画タイトル:「 NO SIDE - BEPPU CITY 」
・公開URL: https://youtu.be/qVUVljOt11k

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE