「Drive! NIPPON」のLINE@で観光情報を効率的にお届け!京セラコミュニケーションシステムのコンテンツマッチングサービスを導入

株式会社デンソーコミュニケーションズは、京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下KCSS)が提供するコンテンツマッチングサービス「とりもち」を、「Drive! NIPPON」の公式LINE@アカウントに導入しました。今後は、国内観光に関連するトピックスの中からユーザーが知りたい情報をチャット運用によって提供していきます。

■チャット機能を活用した公式LINE@とは
「Drive! NIPPON」で配信しているコンテンツを、LINEで会話をするように気軽にリクエストすることができます。欲しい情報をサイト内のアーカイブから探す手間が省け、ユーザーが求める情報をスマートにお届けします。

Drive! NIPPON公式LINE@の使い方
①Drive! NIPPON公式LINE@と友だちになる

上記QRコードを読み込むか、サイト内の「友だち追加」ボタンをタップしてください。

②トーク画面から気になるカテゴリーボタンをタップ
②トーク画面から気になるカテゴリーボタンをタップ

例えば、「温泉」をタップすると、温泉に関連するおすすめの記事をいくつかピックアップしてお届けします。

③さらに多くの情報も簡単に入手
③さらに多くの情報も簡単に入手

「さらに似た記事を探す」をタップすると類似記事を提案します。

④直接キーワードを入れて記事をピックアップ
④直接キーワードを入れて記事をピックアップ

ピンポイントで知りたい情報が手に入ります。

■コンテンツマッチングサービス「とりもち」とは
現在、知りたいことをインターネットで「キーワード検索」するのは一般的ですが、キーワードによる検索には限界があります。またキーワードによっては欲しい情報まで辿り着けないこともあります。KCCSでは独自開発のアルゴリズムでユーザーが閲覧中のコンテンツをもとに、キーワードを入れることなく、関連性の高い記事を自動配信(表示)するコンテンツマッチングサービス「とりもち」を提供しています。
<参照>https://www.torimochi.jp/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE