京都府立植物園、春の桜イベントいよいよ開催!桜ライトアップは3/25(日)から

京都府立植物園(京都市左京区)では、2018年3月25日(日)~4月8日(日)に「桜ライトアップ2018」を、4月13日(金)~4月16日(月)に園職員による「桜散歩」を実施します。
園では、来園者にとっての憩いの場・教養の場として、他の地域や植物園では見ることができない多くの貴重な植物を保有しています。桜についても多様な品種の栽培・展示に努め、7年前には約70品種だった保有数は、現在約200品種に増えました。一般のお客様にはこのうち130品種をご覧いただくことができ、 関西屈指の規模を誇ります。
園の多様な桜の魅力をお楽しみください。

【イベント概要】
■ 桜ライトアップ2018
日時:2018年3月25日(日)~4月8日(日) 日没後(午後6時30分頃)~午後9時 (入園は午後8時まで)※期間中は通常午後5時までの開園時間を午後9時まで延長 (入園は午後8時まで)
場所:京都府立植物園「桜林」エリア
料金:通常の入園料(下記参照)のみで観賞いただけます。
内容:約7,000m2 の敷地、約250本の桜をライトアップします。ソメイヨシノやヤエベニシダレザクラなど、長期間にわたって日ごとに変わる夜桜をお楽しみいただけます。

桜散歩
■ 日時:2018年4月13日(金)・16日(月) 午後1時~1時45分/2018年4月14日(土)・15日(日) 午後1時~1時45分、 午後5時~5時45分 ※4月9日(月)~5月31日(木)は春の開園時間延長期間のため、通常午後5時までの開園時間を午後6時30分まで延長(入園は午後6時まで)
場所:園内の桜品種見本園を中心としたエリア
※参加希望者は午後1時または5時に植物園会館前に集合。
料金:通常の入園料(下記参照)のみでご参加いただけます。
内容:植物園の職員が園内の桜をご案内します。日替わりで紹介する桜は様々。 花びらが何百枚もある「兼六園菊桜」(ケンロクエンキクザクラ)や、黄色の花が咲く「鬱金」(ウコン)、緑の花が咲く「御衣黄」(ギョイコウ)、江戸時代から京都で栽培された歴史ある品種など、他では見られない珍しい桜もご覧いただけます。

<京都府立植物園の桜の特長>
1.長期間にわたって楽しめる
多くの桜の名所で観賞されるソメイヨシノは4月初旬の1週間程度を見頃としますが、園では早咲き、遅咲きと多品種を保有していることで、3月中旬から4月下旬まで長い期間にわたって桜の開花をお楽しみいただけます。

2.珍しい桜が楽しめる
園でご覧いただける桜の中から、特に珍しいものをご紹介します。
【 鬱金 (ウコン) 】
時期 : 4 月 中旬  場所:桜品種見本園(北山門前)
江戸時代中期から、「黄桜」(キザクラ)、「黄金桜」(コガネザクラ)、浅黄桜(アサギザクラ)などの別名でも記録のある歴史ある品種。淡い黄緑色の花弁がショウガ科のウコンの根で染めた色に似ていることが名前の由来です。

【 ソメイヨシノの古木 】
時期: 4 月上旬 場 所: 桜林( 正門北 )
昭和20年から駐留米軍将校の住宅地としてGHQに接収されていた当園が昭和
32年に返還された後、再開園となった昭和36年に植栽されたと推測される古木です。衰えて腐った古い幹の中から新しい枝が伸びる力強さに、園の歴史を感じることができます。

【御室有明(オムロアリアケ)】
時期 : 4 月中旬  場所 : 桜品種見本園(北山門前 )
京都市右京区の仁和寺(御室御所)で栽培される御室桜は一重から八重咲きまでありますが、これらのうち半八重のものが御室有明と呼ばれます。江戸時代から続く京都の伝統的な桜です。

■ 京都府立植物園
住所:京都市左京区下鴨半木町      
電話番号:075-701-0141
料金:一般200円、 高校生150円、 中学生以下無料
70歳以上の方(要証明提示)と障害者手帳提示の方は無料(温室観覧料を含む)
営業時間:午前9時~午後5時 (入園は午後4時まで)
3月25日(日)~4月8日(日)は桜ライトアップのため午前9時~午後9時(入園は午後8時まで)
4月9日(月)~5月31日(木)は春の開園時間延長のため午前9時~午後6時30分(入園は午後6時まで)

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE