神戸市、「2018南京町春節祭」2/16(金)〜18(日)開催!

日本三大中華街の一つ、神戸市中央区の南京町では、2月16日(金)から18日(日)まで、旧暦のお正月を祝う「春節祭」を開催。2月11日(日)にはプレイベントも開催します。

今回は、1987年(昭和62年)の初回開催から数え30回目の開催(昭和天皇崩御の年と阪神・淡路大震災の年の2回は中止)であることを記念して、総勢30体の獅子による迫力ある「獅子舞大演舞」など、特別企画を実施し、会場をさらに盛り上げます。
南京町春節祭は、中国の旧暦のお正月を祝う節句「春節」をアレンジしたもので、1987年(昭和62年)から「春節祭」として開催が始まり、1997年(平成9年)には、神戸市の地域無形民俗文化財に指定されました。昨年の来場者は3日間でおよそ17万人、毎年多くの人でにぎわいます。
11日(日)のプレイベントでは全長47mの金龍「龍龍(ロンロン)」が神戸の町を練り歩きます。

16日(金)から18日(日)の春節祭は、大人気の「変臉(へんれん)」や「中国獅子舞」などの迫力満点のステージ、旅行券など豪華賞品が当たるハズレなしの「ポチ袋くじ」など、お楽しみいただけるイベントが満載。 さらに2017年12月にリニューアルした南京町広場のあづまやは、日没からLEDでライトアップされ、夜の景観をより華やかに彩ります。
異国情緒漂う南京町の雰囲気と、国際色豊かな神戸をぜひ堪能してください。

【「2018南京町春節祭」開催概要】
実施期間:2018年2月16日(金)~2月18日(日)※2月11日(日)はプレイベントを開催
開催場所:神戸市中央区 南京町及び周辺地域
問い合わせ先:南京町春節祭実行委員会事務局 TEL:078-332-2896
公式ホームページ: http://www.nankinmachi.or.jp

<開催30回記念企画>
■ 獅子舞大演舞
30回を記念して、神戸華僑総会舞獅隊、神戸市立兵庫商業高等学校龍師團、南京町龍師団の3団体が合同で、30頭の獅子舞を披露します。広場が獅子で埋め尽くされる様子は圧巻です。

場所:南京町広場ステージ
日時: 2月16日(金)18:30~

■ 変臉(へんれん)
一瞬で面を変える中国・四川地方の伝統的芸能。30回記念企画として、 例年1人の演技を3人で実施。

場所:南京町広場ステージ
日時: 2月16日(金)11:15~ 14:00~ 16:00~/2月17日(土)13:00~ 16:30~ 18:00~ /2月18日(日)13:00~ 15:00~ 18:00~

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE