信州小諸で「第23回 信州小諸ふーどまつり」 10/8(日)開催!グルメ、ロゲイニング、映画祭などイベント多数

信州小諸ふーどまつり連絡会は、2017年10月8日(日)、「第23回 信州小諸ふーどまつり」を開催します。
小諸の食(food)、地域(風土)、街歩き(foot)をテーマとした「ふーどまつり」は、小諸市中心街を舞台に、およそ200店舗が参加。2万人が来場する毎年恒例の一大イベントです。

2017年は、市内の若手飲食店によるフードコートのほか、信州こもろそば振興会による小諸そばの販売、信州ハム株式会社によるフランクやサラミの販売、そして、小諸市に本社を置く金属加工・機械製作を行う大栄製作所による「45kgのマグロ解体ショー」といったグルメイベントが行われます。

また今回初開催となる同時イベントでは、アニメの聖地を自転車や徒歩で巡りポイントを競い合う「舞台めぐりCYCLE&WALKING KOMOROGAINING(コモロゲイニング)」、前夜祭では、首都圏5大学の学生たちが小諸を舞台に撮影した短編映画上映会「こもろ映画祭」などが開催されます。

■小諸ならではの特産品、鹿肉ジャーキードッグフード、B級グルメなど
トラックの荷台を店舗として小諸産の高原野菜や、果物、生花などを販売する「こもろ軽トラック市」、地元ハンドメイド作家による作品や、焼き菓子、ジャム、惣菜などを販売する「小諸まちなかマルシェ」、害獣として捕獲されたニホンジカの肉を活用したドッグフード「KOMOROPREMIUM(コモロプレミアム)」の販売なども実施。
また、小諸産の黒大豆を使用した「こもろん味噌」を使った「こもろん味噌焼きそば」、市内の遊休田で試験養殖を行なっている淡水魚「モロコ」を使用した「もろこの塩焼き」など、今後の特産品化を目指した商品の提供も行います。
豊かな自然に恵まれ、さまざまな食の魅力が詰まった小諸地域。このイベントを通じて、「小諸の食」を市の内外に発信します。

■ロゲイニング、骨董市、映画祭……豊富なイベント
今年初開催となる「舞台めぐりCYCLE&WALKING KOMOROGAINING(コモロゲイニング)」は、『あの夏で待ってる』『ろんぐらいだぁす!』といったアニメ・マンガの聖地を巡礼する自転車イベントです。北は北海道、南は九州・熊本から約100名のアニメファンなどが参加し、小諸特産の賞品に向けてポイントの競い合いが行われます。
また同日に開催される「第13回 骨董・蚤の市」には約70店舗が参加し、3,000人あまりの来場が見込まれています。
「ふーどまつり」の前日7日(土)には、前夜祭として慶應義塾大学、早稲田大学、千葉大学、日本大学、東京工芸大学の学生たちが小諸を舞台に撮影した短編映画上映会「こもろ映画祭」がこもろプラザ・ステラホールで開催。
食文化のみならず、スポーツ、カルチャーなどの側面からも、小諸の魅力を発信していきます。

■新しくなる小諸厚生総合病院が主催する「病院祭」も同時開催
今年12月、新病院への移転と名称変更を行う小諸厚生総合病院では、「第23回 信州小諸こもろふーどまつり」との同時開催として「第38回 病院祭」を実施します。
「病院祭青空市場」として、NPO法人や市民サークルによるお菓子などの販売を行うほか、「地域医療懇談会」として、小泉 俊博市長による基調講演(13:00-13:45)、小泉市長と黒柳 隆之院長による対談(14:00-15:00)なども実施。新病院移転を機に変わりゆく、小諸地域の医療が語り合われます。

◎詳細情報はこちらから
http://www.city.komoro.lg.jp/attention/2017092700013/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE