『三陸国際芸術祭2017~営みから、アートへ~』大船渡8/11、12開催スケジュール発表!

8月5日から19日まで三陸沿岸地域で開催される「三陸国際芸術祭2017」。メインとなる大船渡(会場:キャッセン大船渡など大船渡駅周辺地区)の8月11日(金)、12日(土)のプログラム詳細が決まりました。

【空とぶさんま出港式(オープニング式典)】
8/11(土)13:30(須崎川ステージ)

【夜ステージ:『夜神楽』】
三陸国際芸術祭2017のメインイベント。
八戸の鮫神楽、宮古の黒森神楽、大槌の金澤神楽が三陸国際芸術祭にやってきます。インドネシアから招聘したチルボン仮面舞踊と共演します。大船渡の夏の夜に響き渡る神楽の音と、その圧倒的なエネルギーを体感できるまたとない機会です。

■ 8/11(土) 18:30~21:30(終了予定)
出演:鮫神楽・金澤神楽・チルボン仮面舞踊
会場:特設テントステージ

■ 8/12(日) 18:30~21:30(終了予定)
出演:チルボン仮面舞踊・黒森神楽
会場:特設テントステージ

【映画『廻り神楽』をめぐる上映とトーク】
■ 8/12(日) 17:30~18:30
登壇:遠藤協(監督兼プロデューサー)、 松本文雄(黒森神楽保存会代表)、 小岩秀太郎
会場:特設テントステージ


【昼ステージ:『永遠のみなと大船渡』】
三陸とアジアから個性豊かな芸能団体が集い、大船渡駅周辺の様々なオープンステージでの演舞を繰り広げます。 演舞後、地域の芸能に触れることができます。

■ 8/11(土) 14:30~17:00「現代と芸能が交差する」
出演:赤澤鎧剣舞、仰山流笹崎鹿踊り、門中組虎舞、さんりぐのめぐさめんこアイドル・大船トリ子、大東京舞踊団、和太鼓+ダンスユニット<まだこばやし>
会場:須崎川ステージ、千年広場

■ 8/12(日) 14:15~15:00 「三陸の若者が集う」
出演:岩手県立岩泉高等学校 中野七頭舞、 dance crewいがったんたら
会場:須崎川ステージ

■ 8/12(日) 15:45~17:30 「現代と芸能が交差する」
出演:女川港大漁獅子舞まむし、さんりぐのめぐさめんこアイドル・大船トリ子、大東京舞踊団、和太鼓+ダンスユニット<まだこばやし>
会場:須崎川ステージ、千年広場

【にわかり~地域の権現様とアジアが出合う~】
「にわかり」とは、 店舗や庭先などで祝事や厄払いを行うこと。
9:30に大船渡地区中央公民館にて開会式、その後、3チームにわかれて高台の住宅地からキャッセンまで、まちを演舞し歩きます。最後は、須崎川ステージで一堂に会します。

■ 8/12(日) 9:30~13:00
出演:
[ルートA]チルボン仮面舞踊、地ノ森権現、さんりぐのめぐさめんこアイドル・大船トリ子
[ルートB]女川港大漁獅子舞まむし、小細浦熊野大権現、和太鼓+ダンスユニット<まだこばやし>
[ルートC]バジャウ族伝統舞踊、鮫神楽、大東京舞踊団
会場:大船渡町内

【バジャウをおどる】
マレーシアの海洋民族、バジャウ族。独特の踊りをならってみよう。
■ 8/11(土) 14:00~14:45
■ 8/12(日) 17:00~17:45
会場:千年広場

【バジャウレイブパーティ】
バジャウ族の音楽は、 海の鼓動を彷彿とさせるミニマルミュージック。淡々と刻む原始的なそのリズムにのって、 恍惚に身をゆだねてみよう。
■ 8/11(土) 21:30~23:00
会場:千年広場

【井上信太とまちを彩る ワークショップシリーズ vol.3 『空とぶさんまプロジェクト』】
マグネットアート、 バードハウスに続く第3弾。
町中の人で作る3333匹のさんまのこいのぼりを、 大船渡の夏の青空にはためかせます。

■ 8/11(土) 13:30
空とぶさんま出港式(三陸国際芸術祭開催式と合わせて)
会場:須崎川ステージ

■ 8/11(土) 14:30~15:30
アニメーション作品上映会
会場:KESEN ROCK FREAKS

■ 8/11(土)・12(日) 10:00~11:30
空とぶさんまワークショップ
会場:特設テントステージ横マルシェ

【コミュニティーダンス 『みんなでつくる、 あそびダンス』】
「すべての人にダンスを!」年齢・経験を問わず地域の人とつくる、それがコミュニティーダンスです。毎年好評のプログラム。今年は、ダレデモノダンス、ママダンスの上演が行われます。

■ 8/12(日) 15:00~15:40
会場:コミュニティスペースほかキャッセン内回遊式
上演作品『ひゅるりひゅららり風は舞う』
構成・演出:マニシア

【ケセンイトナミ映像祭】
ライブハウスKESEN ROCK FREAKSが1日だけの映画館になります。
三陸国際芸術祭オリジナル作品「エルリ・イン・チルボン」など芸能と営みを映像で体験できます。 また、大船渡の人がセレクトしたバラエティー豊かなプログラムをたっぷりお楽しみいただけます。

■ 8/11(土) 10:30~23:00
会場:KESEN ROCK FREAKS
10:30『釣りバカ日誌6』(大船渡道化衆セレクト)
14:30『イトナミこども映像祭』
子供たちと作ったコマドリアニメや、 おはなしころりん推薦の映画
16:00『アジア芸能特集』パジャウ族とチルボン仮面舞踊の素敵ムービー
上演後、 座談会(エルリ・ラシナ、 武藤大祐、 他)
21:00『箱入り息子の恋』(FMねまらいんセレクト)

【ばばばケセン語絶叫コンテスト】
川に向かってケセン語を叫べ!
■ 8/12(日) 13:00~13:45
審査委員長:山浦玄嗣
会場:須崎川ステージ

【フリンジ・パフォーマンス】
芸術祭に合わせて、 日本各地から大船渡に踊りにやってくる現代パフォーマンス。

■ 8/12(日) 13:00~14:00/17:00~18:00
会場:キャッセン大船渡内
出演:中山貴踏、 身体表現集団 パーツ パフォーミング アーツ、 愛和気、 パミールの花

■本芸術祭に関するお問い合わせ先
三陸国際芸術祭事務局(みんなのしるし内)
岩手県大船渡市盛町字木町6−4
MAIL: info@sanfes.com

■三陸国際芸術祭公式サイト
http://sanfes.com

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE