横浜の水辺をアートに変える!屋外展示型プログラム「Creative Waterway-川と海でつなぐ創造の拠点」8/4(金)から開催

横浜市と6つの「創造界隈拠点」が連携し、8月4日(金)から11月5日(日)にかけて、川や海の水辺を舞台に、作品の屋外展示やクルーズの運行によって、まち全体をアートで盛り上げる企画を開催します。

「ヨコハマトリエンナーレ 2017」の開催とあわせ、創造都市を推進する創造界隈拠点が連携して、横浜都心臨海部の海や大岡川の水辺を舞台にアート作品を展示し、まち全体でトリエンナーレを盛り上げます。
創造界隈拠点とは、横浜の最大の強みである「港を囲む独自の歴史や文化」を活用し、芸術や文化の持つ「創造性」を生かして、都市の新しい価値や魅力を生み出す都市づくりをすすめる「創造都市横浜」の施策の一環として、都心臨海部の歴史的建造物や倉庫、空き店舗、公共空間等を有効活用し、創造的な活動を発信する施設。
今回の企画では陸上から水辺を楽しむだけでなく、水上から楽しむアートとして、船上での演劇体験や展示作品が鑑賞できるアートクルーズも実施します。クリエイティブな様々なアート作品によって変わる横浜の水辺を、水上から、そして陸上からお楽しみください。

【開催概要】
企画名 |Creative Waterway -川と海でつなぐ創造の拠点
期間 |2017年8月4日(金)~11月5日(日) ※作品によって展示期間は異なります。
会場 |横浜都心臨海部(大岡川~象の鼻パーク周辺)
主催 |横浜市
企画・協力|創造界隈拠点

◆プログラムやアートクルーズの詳細はウェブサイトをご覧ください◆
http://creative-waterway.net/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE