九州初の夜景プロジェクションマッピング第2弾。アート県庁プロジェクト「星空のすいぞくかん」7/21(金)スタート

佐賀県は、 7月21日(金)から、 県庁最上階の展望ホールで上映中の九州初の夜景プロジェクションマッピングの第2弾として、 アート県庁プロジェクト「星空のすいぞくかん」を開始します。

佐賀県では、 昨年から夜の観光スポット創出による新たなにぎわいづくりを目的として、 展望ホールで夜景プロジェクションマッピングの上映を行っており、開始以来5万人もの方々が来場しています。お子様連れのファミリー層が多かったので、 今回は「星空のすいぞくかん」をテーマに、人の動きに反応して映像が変わるインタラクティブな作品を導入し、ホール南側のみで展開していた作品をホール全面にするなど大幅に拡大します。

 昨年度に引き続き、東京タワーやあべのハルカスなど数多くの全国主要タワーで新たな夜景の楽しみ方を創造してきた、クリエイティブカンパニーNAKED(ネイキッド)が総合演出を担当。同県は、本事業を通じて、さらなる夜のにぎわいづくりの促進につなげていきます。

【アート県庁プロジェクト「星空のすいぞくかん」の概要】
場所:佐賀県庁 最上階 展望ホール
期間:平成29年7月21日(金曜日) ~
時間: 4月〜9月(20時~22時)/ 10月~3月(18時30分~22時)※9月からは日曜・祝日は21時まで

<展望ホール南側>
夜景プロジェクションマッピング「星空のすいぞくかん」
<展望ホール北側>
北側は人の動きに反応するインタラクティブ作品
<展望ホール西側>
特別展示「佐賀の光景」

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE