通常非公開・京都「霊鑑寺」秋の特別拝観を11/19~12/4開催。紅葉美しい庭園や狩野派作の襖絵を公開

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

「谷の御所」としても知られる尼門跡寺院「霊鑑寺」では、秋の特別拝観が2022年11月19日(土)より開催されます。
霊鑑寺は、承応3年(1654)、後水尾(ごみずのお)天皇の皇女・多利宮(たりのみや)を開基として創建され、歴代皇女が住職を務めた尼門跡寺院。別名「谷の御所」と呼ばれた格式と清楚な佇まいを今に伝えています。

今回の特別拝観では、紅葉美しい庭園を自由に散策できるほか、後西(ごさい)天皇の院御所から移築した書院内部をガイド付きで公開し、江戸幕府十一代将軍・徳川家斉(とくがわいえなり)が寄進した本堂も公開されます。書院内での見どころは「四季花鳥図」など狩野派の作と伝わる華麗な障壁画。如意輪観音像が安置されている本堂にもお参りできます。(※本堂の中に上がることはできません。)

【特別拝観 概要】
拝観期間:2022年11月19日(土)~12月4日(日)
拝観時間:10:00~16:30(最終入場 16:00)
拝観箇所:庭園・書院・本堂
拝観料 :大人 800円、小学生 400円、幼児 無料
※団体15名以上 720円、小学生は団体料金なし

【寺院概要】
名称:霊鑑寺門跡
所在地:京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町12
宗派:臨済宗南禅寺派
※自家用車・大型バスの駐車場はありません。
※タクシーは門前まで上がれます。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語