九谷焼の魅力を伝える「九谷焼の芸術祭 KUTANism」、石川県能美市・小松市が共同開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

石川県が誇る伝統工芸「九谷焼」の魅力を発信芸術祭「KUTANism(クタニズム)」が、九谷焼の産地である能美市・小松市を舞台に2022年10月15日(土)~12月11日(日)の期間で開催されます。2019年に始まったKUTANismは、今年で4回目。本年は「産地を、旅する。」をテーマに、色あざやかな焼き物「九谷焼」を見る、知る、めぐる、様々なプログラムが目白押しです。

【開催概要】
名称:九谷焼の芸術祭 KUTANism(クタニズム)
テーマ:産地を、旅する。
会場:石川県能美市・小松市各所
会期:2022年10月15日(土)~12月11日(日)
主催:クタニズム実行委員会
共催:能美市、小松市

■九谷焼を、見る
能美市と小松市の二拠点で展覧会を実施。KAM能美市九谷焼美術館|五彩館|で開催する九谷焼作品展『名工選「NEXT九谷vol.IV」展』では、「個性創造」をテーマに46名の作家が参加します。九谷セラミック・ラボラトリー(小松市)で行う『クタニの道具展』では、九谷焼をつくる過程で欠かせない「道具」を主役として、実際の職人や作家が使用する様々なツールを、そのプロセスとともに紹介。 また、両展覧会の相互割引も実施。いずれかの入場チケット半券を提示すると、もう一方の展覧会が割引になります。

【能美会場】九谷焼の作品展『名工選「NEXT九谷vol.IV」展』
会場:KAM能美市九谷焼美術館|五彩館|(石川県能美市泉台町南56)
会期:2022年10月15日(土)~12月11日(日)
時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)
観覧料:大人430円(20名以上の団体は370円)、 75歳以上320円、 高校生以下無料 
    ※障がい者と介護者1 名は無料
休館日:毎週月曜日

【小松会場】九谷焼のウラガワ公開『クタニの道具展』
会場:九谷セラミック・ラボラトリー(石川県小松市若杉町ア91)
会期:2022年10月15日(土)~12月11日(日)
時間:10:00~17:00(入場は16:30まで)
観覧料:大人300円、 学生(高校生以下)150円 ※障がい者と介護者1 名は無料
休館日:毎週水曜日

■九谷焼を、めぐる
能美市と小松市の両市で展覧会を行うことから、より多くの方に産地内をめぐってもらうために、旅行プランの提案や会場をつなぐモデルコースとスタンプラリーを実施します。今回、九谷焼の産地の魅力を広くPRするため、3つのプランが用意されています。

・KUTANismオリジナルの旅行プラン
九谷焼を見る・現地を知る「KUTANismオリジナルセットプラン」。
2つの展覧会+作家から直接絵付けを教わる体験ができる、KUTANismオリジナルの旅行プランを用意。行程や価格などの詳細は、KUTANism公式サイト「GUIDED TOUR」にて随時案内します。

・人気フォトライターによるおすすめコース
石川県の女子旅を発信している人気フォトライター・土屋香奈さんが、能美市・小松市のおすすめスポットを巡るモデルコースをプロデュース。 作成したコースは土屋さんのインスタグラムとKUTANismの公式アカウントで公開、またKUTANismの公式サイト内でも紹介します。

・スタンプラリーを実施
展覧会と周辺の「まいもんどころ」(美味しいお店)を巡る、LINEアプリを使ったスタンプラリーを実施。 スタンプを集めた方に、九谷焼グッズをプレゼント。

■九谷焼を、知る
これまで、九谷焼作家や展覧会のキュレーターを招き、より九谷焼への理解が深まるようなトークショーや対談が開催されてきました。今年は九谷焼の魅力をより多くの方に身近に感じてもらうため、従来以上に楽しく・分かりやすいシンポジウムと、九谷焼とその土壌である産地を掘り下げるトークショーを行います。
※詳しい情報はKUTANism公式サイトや公式SNSにて随時公開予定。

【クタニズムシンポジウム】
日時:10月16日(日)13:30~15:00を予定
会場:根上総合文化会館 音楽ホール(石川県能美市大成町ヌ118)
参加方法:申込不要、 観覧無料
※シンポジウムに併せて、 同施設円形ホールにて絵付けなど
九谷焼体験イベントを開催予定

【今日はとことん、話そう。『トークショー』】
会場:九谷セラミック・ラボラトリー(石川県小松市若杉町ア91)
参加方法:KUTANism公式サイト「NEWS」から申込み

関連イベント「食べる」「体験する」
「九谷焼を、めぐる」に関連して、会期中、展覧会施設内や周辺施設でグルメを味わう催しや九谷焼のうつわに親しむイベント、また、形づくりや絵付けを体験するワークショップなどが行われます。

■食べる
【屋台形式のグルメ会場「九谷よこちょ」】
「秋の茶碗まつり」の実施に合わせて開催。和洋飲食店、スイーツ店などのグルメを九谷焼柄の紙皿で提供。
日時:10月15日(土)、16日(日)10:00~17:00
会場:九谷陶芸村(石川県能美市泉台町南22)

【スイーツで九谷焼を描こう「KUTANI BASE」】
九谷焼のまっさらな素地プレートに色とりどりのスイーツを盛り付ける参加型のイベントです。
日時:10月22日(土)、23日(日)11:00~17:00
会場:九谷セラミック・ラボラトリー(石川県小松市若杉町ア91)

■体験する
【対話を楽しむユニバーサルなお茶会「◯△□(まる・さんかく・しかく)茶会」】
北陸の地域特性に根ざしたユニバーサルデザインの普及を図る、 「一般社団法人ユニバーサルデザインいしかわ」との連携イベント。能美市在住の九谷焼作家・牟田陽日氏を講師に迎え、障がいのある方々と制作した「ユニバーサルな茶碗」を用いたお茶会が開催されます。参加者は茶碗を見て・触って選び、お気に入りのうつわで抹茶をいただき、ナビゲーターと共にお茶碗を選んだ理由を語ったり、作り手の想いをつないだりする対話が楽しめます。

日時:11月20日(日)展示は13:00~18:00 ※無料
茶席は13:30~/15:30~/16:30~の全3回 ※30分前までに要来場
亭主:川崎宗晃 氏(表千家)
ナビゲーター:荒井利春(ユニバーサルデザインいしかわ理事長)
牟田陽日(九谷焼作家)
会場:ウェルネスハウスSARAI(石川県能美市石子町ハ147-1)
茶席参加費:1,000円
参加方法:KUTANism公式サイト「NEWS」からお申込み

■九谷焼とは
360余年の歴史を持つ九谷焼は、日本を代表する色絵陶磁器です。最大の特徴は華やかな「上絵付け」にあり、特に赤、黄、緑、紫、紺青の「五彩手(通称:九谷五彩)」による色絵装飾がよく知られています。そのほかにも赤絵具で細書きを多用する「赤絵細描(あかえさいびょう)」や、主に赤で塗り埋めた器に金彩のみで彩色する「金襴手(きんらんで)」、地色の上に緑色の細点を密集させて描く「青粒(あおちぶ)」など、さまざまな様式が編み出されています。

■KUTANismについて
KUTANismとは、石川県能美市、小松市を産地とする伝統工芸「九谷焼」の世界発信を目的として始まった、年に一度の芸術祭です。イベント内容は、ベテランから次世代を担う若手まで幅広い九谷焼作家による展覧会をはじめ、能美市・小松市を巡るガイドツアーや、九谷焼従事者を題材とした短編映画の制作、九谷焼が購入できるオンラインショップの開設など様々。なお、2020年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、全てのプログラムがオンライン上で実施されました。

「九谷焼の芸術祭 KUTANism(クタニズム)」公式サイト: https://kutanism.com

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語