地図や地誌づくりにおける印刷文化に触れる企画展「地図と印刷」9/17から印刷博物館で開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

印刷文化が果たしてきた役割を展示を通して追求する印刷博物館にて、企画展「地図と印刷」が2022年9月17日(土)~ 2022年12月11日(日)の期間で開催されます。

古来より地理情報を伝える表現技法の一つとして作られてきた地図。日本では、近世に印刷された地図が登場し、印刷・出版の拡大によって様々な形の地図や地誌が作られてきました。そして、後に西洋の地図知識が取り入れられたことで、地図作りの世界はさらに広がっていったのです。

今回の企画展では、地図や地誌作りにおける印刷と人々にもたらした影響を学びます。この機会に印刷の歴史や文化に触れてみてはいかがでしょうか。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

【イベント概要】
会期:2022年9月17日(土) ~ 2022年12月11日(日)
休館日:毎週月曜日(ただし9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)
開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
入場料:一般500円、学生300円、高校生200円
※20名以上の団体は各50円引き
※中学生以下および70歳以上の方は無料
※障がい者手帳等をお持ちの方、および付き添いの方は無料
※11月3日(木・祝)文化の日は入場無料
主催:凸版印刷株式会社 印刷博物館

【印刷博物館 施設概要】
住所:東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川本社ビル
TEL:03-5840-2300(代)
開館時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日:毎週月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日) / 年末年始 / 展示替え期間
※詳細は展示予定スケジュールを参照ください。
入場料:一般400円(350円)、学生200円(150円)、高校生100円(50円)、中学生以下および70歳以上の方無料
※( )内は20名以上の団体料金
常設展への入場料金は企画展入場料に含まれます。企画展開催期間中、常設展のみをご覧いただくことはできませんのでご注意ください。
※5月5日(こどもの日)、11月3日(文化の日)は入場料が無料となります。
※障がい者手帳等をお持ちの方、および付き添いの方は無料となります。
URL:https://www.printing-museum.org/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語