聖徳太子が生まれた地、明日香で世界に向けて「和」のひかりを ともす。「飛鳥光の回廊2022」9/23、24開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

明日香村内の文化施設や寺院、国営公園等の団体が地域活性化のために組織している、明日香村観光交流活性化事業実行委員会(奈良県高市郡明日香村)が主催する「飛鳥光の回廊2022」が2022年9月23日(金・祝)~9月24日(土)の2日間にわたって開催されます。

明日香村が彼岸花に包まれる頃に開催される夜のライトアップイベント。
聖徳太子生誕1450年となる今年、太子が生まれた地で、世界に向けて「和」のひかりをともします。
メイン会場は、石舞台古墳周辺、飛鳥寺、岡寺、川原寺、橘寺などで、2025年に世界遺産登録を目指すエリアを幻想的に演出します。

■「飛鳥光の回廊2022」開催 ~今年のみどころ~
国営飛鳥歴史公園石舞台地区では、地域のこどもたちがメッセージを描いた「光のメッセージ」が並ぶ中、気球が夜空に浮かび上がり、川原寺史跡地では、関西大学の学生が「キャンドルの輪と和でつながる光」をテーマに演出を手がけます。また、和傘の演出で人気の岡寺や、妖怪書家 逢香さんの大作「聖徳太子 祝1450歳」が特別展示される橘寺、劇団時空のパフォーマンスが行われる飛鳥寺など、みどころ満載です。

<メイン会場>
・石舞台古墳
・国営飛鳥歴史公園石舞台地区
・県立万葉文化館
・亀形石造物
・飛鳥寺
・岡寺
・川原寺
・橘寺
※イベント実施前に、試験点灯を予定。

■『飲食店特別メニュー』について(初開催)
地域の飲食店12店舗が、光の回廊にあわあせて開店。数量限定の特別メニュー(全14メニュー)を提供します。幻想的な夜を巡りながら、飛鳥の「おいしい」もお楽しみください。
※事前予約制

■『明日香周遊デジタルパスポート』について
明日香村では、観光で来村される皆様が便利で快適に、ちょっとお得で明日香村の遺跡保存の支援にもなる仕組みを開発中。今年は光の回廊にあわせた2日間で社会実験をします。

基本チケット:大人1,340円、小中高生450円
販売開始日:2022年8月22日(月)9:00~
基本チケット内容:
・シャトルバス乗り放題
・4つの文化施設フリー入場
石舞台古墳・亀形石造物(日中・夜間)/高松塚壁画館・飛鳥資料館(日中のみ)
・1つの文化施設入場割引
県立万葉文化館、橿原考古学研究所附属博物館、橿原神宮宝物館(日中のみ)
・遺跡保存への支援
購入金額の5%を「文化財保存協力金」として明日香村に寄付し、
世界遺産登録を目指す古代遺跡をはじめとした、村内の文化財保存に役立てます。
※基本チケットと公式駐車場をセットにしたお得なセット券もございます。

【開催概要】
イベント名:飛鳥光の回廊2022 ~明日香をともす「和」のひかり~
開催日時:2022年9月23日(金・祝)~9月24日(土)18:00点灯~21:00(消灯)
会場:石舞台古墳など明日香村内各地の8会場
(石舞台古墳: 奈良県高市郡明日香村島庄254)
アクセス:近鉄吉野線「飛鳥」駅バス乗り場からシャトルバス運行
※車での来場は公式駐車場を事前予約し、公式駐車場からシャトルバス
入場料:各会場により異なります
主催:明日香村観光交流活性化事業実行委員会
申込方法:明日香周遊デジタルパス、飲食店特別メニューは公式サイトから事前予約
公式サイト:https://asukamura.com/hikari/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語