長崎壱岐島、絶景のプライベートビーチ付きラグジュアリーヴィラ『 Resort villa iki by ritomaru 』オープン

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

株式会社りとまる | 離泊は、「今あるものを大切に、離島に新たな価値を創造する」ことを理念に、生きとし生けるものに笑顔と感動を届け、島で暮らす喜びを実現する集団として日本を端っこから元気にするため、長崎県壱岐島内でリゾート宿泊施設を展開。自然環境に配慮し、地域の伝統文化を尊び、地方を創生するリゾートとして、2021年6月15日にオープンした一棟貸しヴィラ「 ritomaru villa @ hatsuyama iki 」を皮切りに、今回2022年8月23日(火)に「 Resort villa iki by ritomaru 」をグランドオープンします。壱岐島が誇る自然の美しさとおもてなしの精神が、最も明白に、随所に表されており、自然と伝統文化を重んじる、りとまるのコンセプトを体感する滞在を堪能できます。

■プライベートビーチが目の前のHideawayリトリートヴィラ
風光明媚な玄界灘、壱岐対馬国定公園内の半島に佇み、目の前の絶景プライベートビーチを独り占め、一度は行きたい、プライベートビーチ付きラグジュアリーリゾート。
手つかずの自然と調和しながら建てられた2階建てのヴィラには、ゲストルームとして"メインルーム"と、”離れ”の2室あり、碧い海や、星空、波の音色、小鳥のさえずりが心地良く聞こえてくる緑の木々などに囲まれ、四季折々の景色を一望でき、こころと身体が本来のパワーを取り戻す、リトリート体験を叶えます。

ゲストルームは、ー棟貸切の他、ゲストルーム2室の別売りも可能で、スタイルに合わせて滞在ます。
メインルームには、2階にオーシャンビューのメインベッドルーム、テラス、1階に畳ルーム、テラスの他、プライベート大浴場にジャグジーバスとサウナを備えています。サウナでは、島で育てられた柚子と、壱岐島で一番高い山である岳の辻の麓に蔵を持つ玄海酒造で日々汲み上げている伏流水を使用した、 天然100%の柚子芳香蒸留水でロウリュが楽しめます。五感を研ぎ澄ます癒しの時間をお過ごしください。
離れルームでは、寝室となる畳ルームの他、テラス、バスルームが付いており、ゆっくり快適な時間が過ごせます。

共有のオーシャンビューダイニングでは、壱岐産の個性豊かな食材を“ご自身で調達し作って食べる”を楽しむキュイジーヌ体験や、地元の食材を知り尽くしたシェフによるケータリングサービスも。
フリーフローカウンターバーでは、壱岐島を中心とし、日本や世界の離島から取り寄せたワイン、ビール、ウイスキーなどのドリンク類が豊富。

「りとまる|離泊」 では、 ゲストの皆様には離島でしか味わうことのできないこだわった体験を提供します。
日本遺産第一号に認定された壱岐島は、豊かな自然、伝統文化、悠久の歴史を刻む街 として知られる人気のデスティネーション。
自然のながれや暮らしに根づいた地域の行事ごとが、今も多く受継がれています。
プライベートビーチの磯では、時期になると、何百年と続く伝統の文化としてウニ漁を続ける地元漁師さんや海女さんがの姿を目の前で見て楽しむことができ、採ってきたばかりの生きているウニを殻から自身で身を取り出し、食べる体験ができます。

【施設概要】
名称:『Resort villa iki by ritomaru』
住所:長崎県壱岐市石田町筒城仲触1820
部屋数:2室
販売スタイル:一棟貸切または、2室別売(メインルーム/離れルーム)
定員/料金(税込):
<一棟貸切> 平日4名 260,000円~ 定員10名(1名追加ごとに+10,000円)
<メインルーム>平日2名 200,000円~ 定員7名(1名追加ごとに+10,000円)
<離れルーム>平日2名様90,000円~ 定員3名(1名追加ごとに+10,000円)
共有施設:ロビー、ダイニング、キッチン、ランドリー室
チェックイン:15:00~19:00
チェックアウト:11:00
※予約は、下記のホームページより
HP:https://ritomaru.co.jp/nanaminato/

■壱岐島について
壱岐島は魏志倭人伝にも登場する歴史背景があり、壱岐や日本を代表する多くの遺跡や古墳が島に残り、日本や東アジアの交流、交易の場として栄えたことを伺える日本の成り立ちを垣間見ることのできる魅力溢れる島です。また島内には約1,000社あるといわれる神社、そこで守り継がれる伝統的神楽が今でも各神社にて行われ、神聖な神々が宿る島とも言われています。そして日本の原風景を思わせる長閑な田園や麦畑などが広がり、島の各地から見渡せる美しい海の景色に訪れる人々の心を和ませてくれます。島に住む人々が島の風土を生かし守ってきた農産物、海産物、加工品が多く、新鮮な野菜や雲丹や鮑などの海の幸、壱岐牛、地理的表示として産地指定を受けている壱岐焼酎などが美味しく戴ける、自給自足の出来る島です。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語