名古屋城の夏の風物詩「名古屋城夏まつり」を開催!「盆踊り大会」や「鯱食堂」などの催しを実施

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

名古屋市は今年も「名古屋城夏まつり」を開催しています。恒例の「盆踊り大会」、名古屋めしやかき氷などの夏メニューを用意した「鯱食堂」、大人も子供もたのしめる「えんにち」と多様な内容でお迎えします。

【名古屋城 夏まつり 盆踊り大会】
[西之丸]18:00〜20:00
檜造り、名古屋提灯で飾られたオリジナル「盆踊り櫓」での盆踊り。名古屋市地域女性団体連絡協議会と日本民踊研究会のみなさんによる名古屋らしい盆踊りです。8月14日はグランパスくんも来場するグランパスデー。
※感染症対策のため盆踊りエリアは人数制限することがあります。掛け声の自粛、こまめな休憩の取得にご協力ください。
出演・協力| 名古屋市地域女性団体連絡協議会(8月6日・7日)、日本民踊研究会(8月8日〜15日)、名古屋グランパス(8月14日)

【金鯱座】
「たべる あそぶ まなぶ」をテーマにした空間で、おもてなしします。
[西之丸]
土日祝(8月11日・13日・14日)10:00〜20:30
平日(8月8日〜10日・12日・15日)16:00〜20:30

■鯱食堂
ふわふわのかき氷、定番の美味しいお食事や名古屋めしを用意。また、春まつりに引き続き、醸造メニューを取り扱った「パーラー醸造」も登場。

■えんにち
大人も子ども夢中になれるえんにち遊び。白木が美しいオリジナルの台で楽しむ射的と輪投げは雰囲気抜群。
※シャチつり(8月6日〜15日)、輪投げ(8月6日〜15日)、射的(8月6日〜15日)。

■おみやげ
名古屋城の見どころをモチーフにした名古屋城の公式おみやげや名古屋の味噌溜醤油を販売します。

【重要文化財 西南隅櫓 特別公開】
[西南隅櫓]8月6日(土)〜14日(日)9:00〜16:15(最終入館16:00)
江戸時代から残る3つの隅櫓のうち、西南隅櫓を期間限定で公開します。この機会にぜひご覧ください。

【浴衣のお直し】
[本丸御殿 孔雀之間]13日(土)〜15日(月)15:00〜18:30(受付)
着付けのプロによるお直しとアドバイスが無料で受けられます。
8月13日(土)〜15日(月)
「厚生労働省令認定職業訓練着付け」の資格を持つ講師陣が早く、楽に美しく着付けします。お直しのみの方、または身体に障がいをお持ちの方の着付けは無料です。
協力:繭心の季
問い合わせ:052-776-3900

【名古屋城学びの場「城子屋」】
殿さまの御庭–名古屋城二之丸御庭と下御深井御庭–
[本丸御殿 孔雀之間]
8月11日(木・祝)10:00〜11:30
かつて名古屋城内には「二之丸御庭」と「下御深井御庭」という二つの庭園が存在していました。江戸時代に描かれた絵図類をもとに、 殿さまの憩いの場となっていた庭園の姿を紹介します。
講師:名古屋城調査研究センター 学芸員 堀内亮介
料金:無料(別途、名古屋城観覧料が必要です)
定員:35名
申込方法:大ナゴヤ大学HP内「学びでつながる城とまち。城子屋」のページ( https://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/632 )よりお申し込みください。

【開催概要】
期間:2022年8月6日(土)〜8月15日(月)までの10日間
期間中は9:00〜20:30まで(閉門21:00)
※本丸御殿、西南隅櫓への入場は16:00まで。
※天守閣には現在入場できません
会場:名古屋城内(名古屋市中区本丸1-1)
料金:名古屋城観覧料〈大人500円、 市内在住65歳以上100円、 中学生以下無料〉
夏まつり期間中、浴衣でご来場の方は大人400円になります。(他の割引との併用はありません)
主催:名古屋市
公式Webサイト:
www.nagoyajo.city.nagoya.jp/fes2022-2023

※写真は全てイメージです。
※内容は予告なく変更する場合があります。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語