VOL.4 I Will Be There With You

日本最大の湖、琵琶湖へ
日本最大の湖、琵琶湖へ

皆様こんにちは、 ドラマー/ピアニスト/アレンジジャーの田邊有希です。
このコラムでは今まで音楽に携わらさせていただいた経験を元に “旅先でドライブをするならこの音楽”をミュージシャン目線でご紹介できたらと思っております。
さて、第4回目を迎えた今回は滋賀県にあります琵琶湖へドライブ。
前回までの「海」シリーズに引き続き今回も水辺へ。なにか「水」に惹かれるものがあるのでしょうか。日本のほぼ中心にある湖。様々な湖がある中で群を抜いて大きくもはや海の様な壮大さ。湖なのに波が来るとか来ないとか言う都市伝説もあったり。。。
そんな琵琶湖沿いをドライブしながら聴く音楽は、
David Walter Foster(デビット・フォスター) 『I Will Be There With You』[Instrumental Version]
デビット・フォスターはアメリカの有名な音楽プロデューサー兼編曲家で僕が尊敬する音楽家の1人でもあります。
Earth, Wind & Fire、Chicago、Michael Jacksonなどアメリカを代表するミュージシャンを支えてきた名プロデューサー。 日本では松田聖子さんなどのプロデュースも手掛けていて何よりもバンド出身のプロデューサー、編曲家というところに共感を持ち惹かれました。僕が感じる彼の魅力は何と言っても「音の鮮明度」。
楽器の数が多くても全て聞こえてくる。全部が主張をし引き立てあってる。透き通る音、各楽器の交わり、まるで耳に寄り添う様な優しいハーモニー、僕が理想とする、そして目指すべき音楽でもあります。自分が湖岸沿いを運転していた時にちょうど霧がかっていて、とても神秘的な雰囲気とこの曲の始まりのピアノの響きとが重なっていたんです。
もちろん空気や音の響きは目に見えません。でも、今回私がインスピレーションを感じて選ばせていただいたように、同じ「匂い」がする者同士は自然と惹かれあい、不思議と引き寄せ合うのかもしれません。他にもたくさん素晴らしい曲がありますので是非聞いてみてくださいね。
そして今回みなさまにこっそり教えるおすすめスポットは豪華2本立て。 琵琶湖沿いにそびえ立つ蓬莱山、びわ湖バレイ敷地内にある天空Cafe。

巨大なロープーウェイで山頂まで行くと、降りた瞬間に360度のパノラマで絶景が広がり、景色に吸い込まれてしまいそうになります。夏の終わりに行ったにも関わらず肌寒さを感じるほどの涼しさ。今年の夏は記録的な猛暑なので、もし、お近くを通る際は涼みに立ち寄ってみてくださいね。そして、2つ目は彦根市にある昔ながらの洋食屋「スイス」。

ハンバーグはもちろん、カレーやオムライス全てのお料理がリーズナブルにいただけてなおかつ美味。どこか懐かしい味なんです。こちらもぜひ立ち寄って見てくださいね。某テレビ番組で「まいうー」のお言葉もいただいてるみたいですよ。
それでは今回もお付き合いいただきありがとうございました。

大人の旅とドライブに音楽という彩りを。

それでは次回もお楽しみに。

Posted by

田邊 有希/ドラマー・ピアニスト・アレンジャー

2歳の頃からピアノを始め、小中学校では吹奏楽部でサックスとドラムを担当。高校時代にバンド活動を始め、ドラムを本格的に極める。その後、ロックバンド「BRADIO」のドラム担当として2017年にメジャーデビュー。2018年、同バンドを脱退と同時に、ドラマー/ ピアニスト/ アレンジャーとして活動を開始。有名ミュージシャンのバッグバンドでも演奏を務める。

■Official Blog
https://ameblo.jp/yuki-tanabe-official

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE