【岡山県】「フルーツ大国・岡山」を体感するならコレ!!贅沢さがケタ違いの「フルーツパフェ」

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

「岡山県の特産品」と聞いて、思い浮かべるものはなんですか?「桃太郎」のイメージから、「きびだんご?」「桃?」と連想される方が多いかもしれません。ぜひ私からは「桃」、ひいては「岡山のフルーツ」を楽しむ方法として「フルーツパフェ」を紹介します!

岡山は「フルーツ大国」。春から夏にかけてはいちごやメロン、桃などが旬を迎え、秋から冬にかけてはいちじくやぶどう、みかんなどがおいしい時期になります。だからこそ、岡山に来たら絶対に体験してほしいのが「パフェ」なんです!

というのも、新米岡山県民の私が岡山に来てびっくりしたのが「パフェ」。今年の春から岡山に住んでいるのですが、「フルーツ大国」であることを知っていつつも、パフェの迫力にはかなり驚きました。なんといっても、フルーツの盛り方が大盤振る舞いすぎる!それぞれの店舗で特徴はあるものの、「こんなに盛っていいの?!」と言いたくなるくらいフルーツを丸々堪能できます。至福の時間を過ごしたいときは決まって「パフェを食べに行く」というのが私のルーティーンになってしまいました…なんて贅沢……。

ちなみに冒頭の画像は「観音山フルーツパーラー OKAYAMA」で8月に食べた、「岡山県産ももパフェ」です。岡山県産の桃は「白桃」が有名で、果実だけではなく皮まで白っぽい色をしているのが特徴的。あくまでも「白桃が主役」のパフェ。クリームが甘すぎないからか、迫力ある大きさなのにさらっと食べ終えてしまいます。糖分だけではなく、桃の栄養素がたっぷり摂れるのも嬉しいポイント。

そしてパフェの情報を得ていると、岡山のフルーツの種類と旬の時期に詳しくなります。県内にはフルーツ農園も多く、「岡山県産」にこだわってパフェを作っている店が多いからです。パフェを食べる「体験」を通して、その時にもっともおいしい岡山のフルーツを味わっていただけると嬉しいです。見た目も味も、驚きますよ!

Posted by

小溝 朱里

岡山・倉敷エリアのライター。インタビュー記事を執筆しつつ、サービスやメディア立ち上げにも携わる。読後感とマーケティング視点をかけ合わせて書くのが得意。アートに関わる仕事をするのも夢見ている。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント
友だち追加

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語