VOL.11 山梨県・福生里の豊かな自然の中で醸造された、98WINEsの大人なロゼワイン

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

最近、我が家の冷凍庫はふるさと納税の返礼品でパンパンです。「え〜」と言いつつ、ニヤニヤしながら綺麗に詰めることに喜びを感じています(笑)。
そんな返礼品の中で、毎年お気に入りなのはローストビーフ。これまで1箇所から返礼品として受け取っていたローストビーフですが、今回は2つの自治体から。
なぜ、ローストビーフをこんなにもと思うでしょう。調理をすることなく、おかずにもなるし、なんて言ったって一番はワインのお供にちょうど良いからなんです!

そんなローストビーフとも相性抜群の今回紹介するワインは、山梨県 98WINEs「霜 SOU 2019 ROSE」。
かつて、CDをジャケ買いしていた私。そんな感覚で、このワインは好みのラベルから選んだワインの一つ。アーティスティックなラベルにすっかり一目惚れしてしまいました。

ほのかに香るいちごジャムのような香り。味は、ベリーの風味が先に広がり、柔らかな酸味と、最後に少し麦チョコのような、麦焼酎を飲んだ時のような風味(苦味というのかな?)が感じられます。個人的には、少しドライで落ち着いたロゼワインという印象。
正直、ロゼはどこかフレッシュで水々しいイメージが強かったのですが、新しい味わいだなと感じています。ただのスッキリとした甘さではなく、少し複雑さもあって、エレガントな大人のロゼって感じで申し分なし。どんな料理とも相性良さそうです。

ワインの持つ力を創造する場所として、山梨県甲州市の山奥にある福生里(ふくおり)という土地に生まれたワイナリーがこの98WINEs。富士山や眼下に広がる景色が一望できる自然に囲まれたワイナリーは、醸造をする「鉄の棟」、貯蔵する「石の棟」、ワインを楽しむための交流スペース「木の棟」から構成されているんだそう。こだわりのワインを求めて、アイディアがたくさん詰まった美しいワイナリーを訪れてみるのも良いですね。

このおしゃれな味とラベルは、センスの良いギフトとしてもオススメです!

Posted by

HIROKO / Drive! NIPPON編集・PR担当

ワインや日本酒、焼酎、そして、食べるのが好きで、Drive! NIPPONのロケでは必ずその土地のお酒をチェック。最近注目しているのは、安いのに美味しいワイン。一人飲みよりも、家族や友人と笑いながらお酒を楽しむ時間が一番好き。
↓Drive! NIPPONのInstagramもチェックしてみてくださいね。
https://www.instagram.com/drive_nippon/
@drive_nippon

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント
友だち追加

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語