. VOL.3 栃木のワイナリーがつくる優しい白ワイン「Ashicoco (あしここ) 」 | Drive! NIPPON | 国内観光情報ウェブマガジン

VOL.3 栃木のワイナリーがつくる優しい白ワイン「Ashicoco (あしここ) 」

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

暑い季節、休みの日は明るい時間にお酒を飲む優越感に浸りたくなります。
特に今はお家にいることが多いので、お店の時間もその後の予定も気にすることがない。そして、明るいというだけで、なぜか夜に感じる罪悪感がない。飲み過ぎない。気持ちがいい。そう、楽しいことだらけなんです!
夏はお庭やベランダで、冷えた白ワインを気軽な感じでいかがでしょうか?

今回紹介するのは、栃木県足利市にあるココ・ファーム・ワイナリーの白ワイン「Ashicoco(あしここ)」。
最初は、なんとも可愛いらしいこの名前に惹かれました。
ちなみに、このワイナリーのワインの名前は他に「陽はまた昇る」、「農民ロッソ」、「あわここ」、「こころぜ」などなど。なんだかほっこりしませんか?

さて、その味はというと、率直にとても飲みやすい白ワイン。フレッシュな葡萄の甘みとほのかな酸味を感じ、優しくまろやかな口当たり。最初の一口で思わず「やさしい...」と声に出てしまうくらい、変な癖もなく安心して飲めるワインです。
とにかく、何度「やさしい」と言ったことか...(笑)

冷やして飲むのはもちろん、暑い日はグラスに氷を一緒に入れれば、よりスッキリとした味わいに。見た目も涼しげです。

ココ・ファーム・ワイナリーは、1950年代に支援学級の少年たちによって開墾された山の葡萄畑の麓にあるワイン醸造所。1984年からワインづくりをスタートし、現在は100%日本の葡萄を使うというこだわりよう。また、自家畑では除草剤や化学肥料などを一切使わず、醸造場での醗酵も天然の野生酵母や野生乳酸菌を中心とし、素材の持ち味を大切にしているんだそうです。ワイナリー見学やショップ、カフェなどもあるので、ぜひ訪れてみてくださいね。

Posted by

HIROKO / Drive! NIPPON編集・PR担当

ワインや日本酒、焼酎、そして、食べるのが好きで、Drive! NIPPONのロケでは必ずその土地のお酒をチェック。最近注目しているのは、安いのに美味しいワイン。一人飲みよりも、家族や友人と笑いながらお酒を楽しむ時間が一番好き。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語