. VOL.2 全国のフィギュアスケーター大絶賛の博多ちゃんぽんは必食!福岡市「パピオアイスアリーナ」 | Drive! NIPPON | 国内観光情報ウェブマガジン

VOL.2 全国のフィギュアスケーター大絶賛の博多ちゃんぽんは必食!福岡市「パピオアイスアリーナ」

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛中の皆さまへ、自宅で旅した気分を味わっていただけるような情報を今後もお届けします。尚、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。今は、不要不急のお出かけをお控えください。

皆様、新型コロナによる自粛生活が続く中、いかがお過ごしでしょうか?
全国のスケートリンクを紹介していく本コラム、少しでも旅気分を味わっていただければと思います。

さて、今回ご紹介するスケートリンクは、福岡市博多区と中心街にあるパピオアイスアリーナです。国際規格サイズ (60m×30m) のリンクで、同建物内にはレストラン、ボウリング場、シュミレーションゴルフ、ダンススタジオなどが揃っており、一か所で様々なスポーツを体験することができるスポーツ複合施設となっています。
全日本選手権で入賞経験のある中庭健介さん (*1) いわく、施設内にあるレストランの「博多ちゃんぽんはバリうまい (とても美味しい) 」だそうで、全国からくるスケーターや指導者も大絶賛とのこと。「イメージにある施設の食堂とは違い、定食食べに来るだけでも価値がある」ということなので、皆さんも是非ご賞味いただければと思います。

さて話を戻すと、ここパピオアイスアリーナは1991年に開業し、現在も地元民の遊び場として、そして地元のみならず全国から選手が集まる練習拠点として、親しまれています。1999年にはフィギュアスケートの全日本選手権も開催されたことがあり、数々の感動の涙や汗で日本スケート界の歴史を紡いできました。
そんな九州で数少ない通年営業スケートリンクが、老朽化により閉鎖の危機に立たされています。スケート大都市として数多くのスケーターを輩出してきたパピオアイスアリーナに存続してもらうためにも、署名活動にぜひご協力いただければと思います。 (*2)

自粛が解け、外出ができるようになれば、全国のスケートリンクで歴史を滑走しつつ、その地の美味しいものを食べ歩くのも、コロナ自粛のストレスを解消するには良いのかもしれませんね。

(*1) パピオアイスアリーナ出身。大学生の頃の練習から、現在の審判や指導者の活動として、約20年間パピオにて活動している。

(*2) 署名にご協力頂ける方は、福岡県アイスホッケー連盟の以下サイトをご覧ください。http://fihf.main.jp/info/1600/

Posted by

小塚 崇彦 / フィギュアスケーター

現在は、フィギュアスケートを始めとしたスポーツの普及活動を中心に、活動の幅を拡げて新たなステージに挑戦。また野球、サッカー、ゴルフ、モータースポーツなどのスポーツ経験を活かし、スケートの用具開発やJOCオリンピックムーブメントアンバサダーなど様々な方面で活躍。東京の二子玉川を拠点に、北海道、東北、関東、四国をはじめ全国各地でも小塚アカデミー (スケート教室) を開催。
東京2020、札幌2030招致を含めたウィンタースポーツからの盛り上げにも挑む。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語