VOL.2 北の大地で育まれるブドウ。リーズナブルでうまい!と言いたくなる赤ワイン

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

外出自粛の中、連休中はいかがお過ごしでしたか?
私は家にいることが増えたので、ゆっくりと料理をして、たっぷりと食事の時間を楽しんでいました。写真でおわかりのように。。。時間があったので、串打ちをしてホットプレートで焼き鳥とキャベツ盛りのセットで、ちょっとした居酒屋気分を味わってみる日も。

さて、今回紹介したいワインは2種類。
1本目は、【GLANDE POLAIRE (グランポラール) 余市 ツヴァイゲルトレーベ】
オーストリアで生まれたというツヴァイゲルトレーベという品種。日本だと主な栽培地として北海道があり、中でもこのワインは、余市町の契約栽培農家で丁寧に育てられたツヴァイゲルトレーベが使用されています。
栓を開けた時に感じる上品な香り。
そして、鮮やかな赤紫色に期待感が膨らみます。
口当たりは軽やかで、フルーティーな味わいを邪魔しない渋み。
スッキリとした後味で、焼き鳥にも合いました!

2本目は、【Sainte Neige (サントネージュ) かみのやまカベルネ・ソーヴィニヨン】
山形県上山 (かみのやま) 地区、山に囲まれた蔵王の麓で育てられた品種カベルネ・ソーヴィニヨンを使用したワインです。
フレッシュな果実の酸味の中にハーブが混ざったような複雑さも感じつつ、渋みや樽の香りが適度にあるしっかりとした味わい。
そして、後味はどこかまろやか。
王道のステーキはもちろん、しっかりと味のついたお肉と一緒にワインもどんどん進みますね。少し時間を置くとさらに美味しくなっている気がしましたよ。
カベルネ・ソーヴィニヨン特有の力強さ、重厚感は多少控えめではあるけれど、しっかりとした赤ワインをリーズナブルに飲みたい人にオススメです。
今回は2016年のものでしたが、今買うなら2017年の方ですね。

どちらもスーパーやネットで買えるので、自宅でお好きなものと組み合わせてお楽しみくださいね。

次回は、そろそろ白ワイン....の予定です。

Posted by

HIROKO / Drive! NIPPON編集・PR担当

ワインや日本酒、焼酎、そして、食べるのが好きで、Drive! NIPPONのロケでは必ずその土地のお酒をチェック。最近注目しているのは、安いのに美味しいワイン。一人飲みよりも、家族や友人と笑いながらお酒を楽しむ時間が一番好き。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語