VOL.55 静岡県「道の駅 天城越え」

天城名産の本わさびのグルメが揃う道の駅

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

天城名産の本わさびのグルメが揃う道の駅

「あまぎ〜〜〜ご〜〜え〜♩」
静岡県伊豆半島のほぼ中心にある道の駅天城越え。演歌歌手の石川さゆりさんの楽曲にもなっているので、多くの人が聞いたことのある名前だと思う。
場所はというと、東名高速沼津インターからは60分、天城北道路月ヶ瀬インターから国道414号線を走って30分ほどの場所にあり、下田方面へ向かう時には主要な道路のひとつになっている。ツーリングでこの峠道を通る時には、休憩で立ち寄ることが多い道の駅だ。
ここの特産品は、わさび。伊豆市の天城地区はわさび栽培の歴史も古く、生産が盛んな場所。そんな場所にある道の駅では、生わさびや、加工品などが販売されている。
道の駅敷地内にある「天城わさびの里」では、わさび生産者直営店だけあり、新鮮な生わさびを手に入れることができる。手作りのわさび漬けやわさび加工品も豊富。また、予約でわさび収穫体験や、わさび漬けの加工体験もすることができる。
隣の「竹の子かあさんの店」でも生わさびやわさびの茎が販売されている。珍しいのがわさび葉コロッケ。期間限定にはなるが、特産品のわさびを使ったご当地コロッケだ。こちらの店は地元食材を使った手作りのお惣菜や漬物、おにぎりなどの販売がメイン。美味しそうなお惣菜を見ると、ついつい買ってしまいそうになる。
レストラン「森の緑」では、天城の新鮮な本わさびを使った、わさび丼が食べられる。おろし金と共に本わさびがでてくるので、自分ですってご飯に乗せて食べる。量はもちろんお好みで。ツーンと鼻に抜ける辛み。なんとも刺激的な味。正直なところ、本当は食べるのを悩んだのだけど、やはり特産の天城のわさびは食べないと…と思い切ってチャレンジ。でもやっぱり無理だった、泣。そう、何を隠そう私はわさびが食べられない。お寿司ももちろん未だにサビ抜きだ。

実はここの道の駅には当然のことながら、ご当地ソフトクリームでわさびソフトがあるのだが、今まで何度もこの道の駅に訪れているのに1度も食べたことがない。全国のいろいろなソフトクリームを食べてきたけれども、このわさびソフトだけはどうしても手が出ない。自称ソフトクリーム評論家として、やはり1度は食べるべきだな…。道の駅売店では、濃厚バニラの中ににわさびを混ぜたわさびソフトクリーム、天城わさびの里では、バニラソフトクリームに、すりたての本生わさびをトッピングしたわさびソフトと、2種類のわさびソフトがあるので、お好みの方をどうぞ。
そんなわさびが苦手な私でも食べられる道の駅グルメが、天城で獲れるイノシシ。レストランでは、イノシシを使ったメニューが提供されている。自家製の猪チャーシューが乗った猪ラーメンや、猪そばなどがあり、私は猪丼スペシャルを注文。猪丼に、期間限定の猪汁、山葵シューマイに、たっぷりわさび漬けが付いてくるセット。スペシャルというだけあって、豪華な組み合わせ。 (訪れたのは12月だったので、猪汁は終了の可能性あり)
売店では猪まんや鹿まんの販売もあるので、わさびが苦手な方でも、天城名物をいろいろと味わえる。
また売店では、本生わさびの他、わさびを使った色々な製品があるので、天城土産に選んでみても。本わさびを使ったビールも味が気になるところ。
道の駅の近くには、浄蓮の滝や、旧天城隧道、少し足を運べば河津七滝など見どころも満載。観光の合間や天城越えをする際には、立ち寄ってみてはいかがだろうか。その時には、特産の本わさびをぜひ!

※新型コロナウィルスにより現在 (4/23) 休業中の店舗があります。営業再開についてはホームページでご確認ください。
新型コロナウイルスが1日でも早く収束し、また道の駅巡りを楽しめる日々が訪れる事を願います。

天城越え

天城越え

住所:静岡県伊豆市湯ヶ島892-6
電話:0558-85-1110

Posted by

YUKIKO/道の駅スペシャリスト

東京都在住。飲食店勤務。
2007年に大型二輪免許を取得してから、道の駅を回り始める。仕事の休みを使い、5年かけて日本全県制覇。
今現在、訪問した道の駅の数は1,000ヵ所以上となる。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語