VOL.56 自分なりの精一杯

息を止め過ぎたなら
冬の音がする場所で
一気に解放してみる

誰かの幸運が巡って
ここにも辿り着くと
想像して自分に頷く

温かくして外に出て
ゆっくりと呼吸して
こわばったこころを
解していく。それが
意味がないことでも
意味を持たせていく

今できることを、していく。

Posted by

ATSUKO/ フォトグラファー

東京都内在住。2014年から趣味で一眼レフを始め、右脳と左脳を使うカメラの魅力を少しずつ理解している途中。
初心者の目で、味わい深い1枚を切り取りたい。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE