【東京都】客とキッチン、ホールの共鳴が醸しだすローマの路地裏イタリアン

世界中を旅慣れた人、また海外在住の日本人や東京在住の外国人駐在員、さらには在日イタリア人でさえも揃って口にするのは東京のイタリアンのクオリティの高さ。ピッツェリアだけを取ってみてもローマ風、ナポリ風としっかり地方で分けられてその地のレシピを忠実に表現、もはやそうでなければ東京では生きていけないほど東京イタリアンの質は高い。

今回ご紹介するTrattoria Dal Birbante Giocondo(トラットリア・ダル・ビルバンテ・ジョコンド)は古都ローマがあるラツィオ地方の料理にこだわったトラットリア。レストラン取材歴20年超の私がこのお店の最大の特徴と思うこと、それは『男前イタリアン』。話題のイタリアンといえば女子っぽく実際に女子グループの占有率が高い、それゆえ男同士でイタリアンは気恥ずかしいとなってしまうのだが、このジョコンドは男性同士の客が結構な確率でおり、しかもどの客も店の雰囲気にすぅっと馴染んでしまうのだ。

料理は毎年スタッフがイタリアに赴き伝統料理の研究はもちろんトレンドも徹底食べ尽くしリサーチ。スペシャリテのローマ料理『アリッチャ風ポルケッタ』(写真)はポルケッタ発祥の町アリッチャのレシピを再現。目の前で切り分けられ口に運ぶとしっかりとした塩味にローズマリーが鼻に抜け、あぁ至福。ローマ下町食堂のパスタ『カーチョ・エ・ペペ』はチーズと黒胡椒だけのシンプルパスタ、なんともあと引く味でいつ来てもリピしてしまうまるでお茶漬け的存在だ。
ぜひイタリアン激戦地、東京で味わうイタリア郷土料理をご体験あれ!

■トラットリア・ダル・ビルバンテ・ジョコンド
東京都港区白金台3-18-1 1F
03-6721-9500
https://www.facebook.com/ciccio.birbante/

Posted by

冨塚美智子 (micotta co.)

青山生まれ原宿育ち。メンズ、レディスの全国誌やゴルフ専門誌、ウエブマガジンにてファッション、旅、グルメ、ワイン、インテリア、美容、ゴルフなど多岐にわたり取材。持ち前の行動力と慣れっこさで取材先はどこも友達になるのが得意。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE