VOL.53 夏時間

思い切り主張して、
加速気味に駆け抜ける

誰に何を思われようが
わたしはわたし、
君は君。

突き抜けられる勇気があるのなら
いつ、どこでも、真ん中に居られる。

彩るものがなんであっても
そう思えたら、そこはわたしの居場所。

Posted by

ATSUKO/ フォトグラファー

東京都内在住。2014年から趣味で一眼レフを始め、右脳と左脳を使うカメラの魅力を少しずつ理解している途中。
初心者の目で、味わい深い1枚を切り取りたい。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE