VOL.51 雨の視界

しっとりと街が濡れて
なんとなく肩が近くなる。

ガラスについた水滴で
距離感がつかめずに戸惑う。

このままで、と思うのは
特別なおもいがあるから。
うるんでいるのは瞳なのか街なのか。
ティーカップを包み込んだ手を
まだ、動かせないでいる。

Posted by

ATSUKO/ フォトグラファー

東京都内在住。2014年から趣味で一眼レフを始め、右脳と左脳を使うカメラの魅力を少しずつ理解している途中。
初心者の目で、味わい深い1枚を切り取りたい。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE