VOL .10 海の見える街

香川県 高松市 本場の讃岐うどんを求めて
香川県 高松市 本場の讃岐うどんを求めて

皆さまこんにちは、ドラマー/ピアニスト/アレンジャーの田邊有希です!
このコラムでは今まで音楽に携わらさせていただいた経験を元に “旅先でドライブをするならこの音楽”をミュージシャン目線でご紹介できたらと思っております。

さて、今回ご紹介するのは香川県高松市! 皆様もご存知の通り「うどん県」と言われる、讃岐うどん発祥の地。実は、親しい友人の誕生日が1月で、何かおもしろいプレゼントをしたいなと色々考えていたところ、ネットで調べものをしている時に偶然、某格安航空会社の年始バーゲンの広告が現れたんです。「これだ!!!」と思い、日帰りの弾丸旅行、"思い出"をプレゼントする事に決めました! あえて値段は書きませんが、本当に信じられないくらい安いので、皆さんもチェックしてくださいね!

少し話はそれましたが、そんなうどん王国、香川県高松市をドライブする時に聴く音楽は
『久石譲 / 海の見える街』

日本を代表する作曲家の一人で、ジブリ作品の音楽監督でもあります。行きの飛行機がちょうど四国に上陸する時、窓の外に見える海、その上を走る沢山の船、そして何よりも海に反射される「太陽の光」を見て、この曲が頭に浮かびました!
僕は久石譲さんが作る音楽の”ハーモニーの響”がとても好きで、その音を聞いただけで頭の中に情景が浮かんできます。海や森や空、時代だったり空想の世界だったり、 音という形のないものから耳を通して頭の中に浮かび上がる、そんなに素晴らしいことはないと思います。これは僕の持論なのですが、芸術は1つに繋がってるなと思っていて、例えば素敵な絵を見ると不思議と頭の中に音が流れてくるのです。感性やヒントは意外なところに落ちているという言葉の通り、そこに気づき、柔軟に広くアンテナを張っていられる方達が素敵な作品を生み出していくのだなと。
自分も久石譲さんみたいに「画家」みたいな作曲家になりたいなと思った日でもありました。

今回、短時間だったにも関わらず香川県高松市の素晴らしさををぎゅっと堪能してきました。中でもお勧めなのが、高松市内が一望できる絶景天然温泉「喜代美山荘 花樹海」。

実は最終受付時間を少し過ぎての到着になってしまったのですが 「お気になさらずゆっくりされてください」と言っていただき、身も心も温まる、少しほっこりした気持ちにさせていただきました!

そして、香川県に来たらなんと言ってもうどん!!
今回は滞在時間が7時間弱という中で、しっかり4杯いただきました!

「手打十段うどんバカ一代」「さか枝」「手打ちうどん大吉」「はやし家製麺所(高松空港内)」。今回はいわゆる「メジャーどころ」を堪能させていただきました。次回訪れる時は「地元の人しか知らない・・・」ところを攻めてみたいなと思っておりますので、情報じゃんじゃんお待ちしていますね!

旅の〆は、「祇園寿し」で打ち上げ!

こちらは空港近くの海鮮のお店で、お料理が本当に美味しくてまたゆっくり伺いたい!!

そんなこんなで、今回は強行スケジュールでバタバタではありましたが、「また絶対来たい!」という思いを残して終わる旅も良いもんだなと思いました。

それでは、今回もお付き合いいただきありがとうございました!
大人の旅とドライブに音楽という彩りを。

それでは次回もお楽しみに!

Posted by

田邊 有希/ドラマー・ピアニスト・アレンジャー

2歳の頃からピアノを始め、小中学校では吹奏楽部でサックスとドラムを担当。高校時代にバンド活動を始め、ドラムを本格的に極める。その後、ロックバンド「BRADIO」のドラム担当として2017年にメジャーデビュー。2018年、同バンドを脱退と同時に、ドラマー/ ピアニスト/ アレンジャーとして活動を開始。有名ミュージシャンのバッグバンドでも演奏を務める。

■Official Blog
https://ameblo.jp/yuki-tanabe-official

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE