VOL.5 You Are The Universe

沖縄県石垣島へ
沖縄県石垣島へ

さて、今回は先日いただいた遅めの夏休みで訪れた沖縄県の離島、石垣島をご紹介しようと思います!前々回が沖縄県本土のご紹介だったので少し迷いましたが、とても素晴しい旅行でしたので、フレッシュなうちに皆様に伝えたい!という思いで今回のコラムを書かせていただきます!

そんな石垣島をドライブする時に聞く音楽は、
『THE BRAND NEW HEAVIES / You Are The Universe』

ブラン・ニュー・ヘヴィーズは、1980年代に結成されたファンクやアシッドジャズ(クラブシーンから発展した現代ジャズ)を基盤にしたバンドです。誰もが知るファンクの帝王、ジェイムス・ブラウンから"Minister of New Super Heavy Funk"(新しいスーパーヘビーファンクの大臣)と賞賛されたことからバンド名に「HEAVIES」を入れたという逸話もあります。
この曲を選んだ理由は、ただただシンプルで携帯電話の音楽プレイヤーのシャッフルで最初に流れた曲だからです。でも、旅には偶然がつきもの。たまにはそんな理由も有りかなと思います(笑)。
元々、このバンドの演奏を研究して参考にしていた事はあるのですが、歌詞に注目したのは初めてでした。和訳を調べるとなんともポジティブな応援歌。サビの一節で曲名にもなっている”You are the Universe And there ain’t nothin’ you can’t do” 『あなたこそ宇宙だからあなたにできないことは何もない』という歌詞は、石垣島の壮大な景色が生み出すスケール感と、前向さがリンクして聴いているとなんだかワクワクしてきます。
名曲には良い歌詞が、良い歌詞には偶然は必然、切っても切れない関係性なのかもしれません。是非皆さんも聴いてみてください!

そして、今回私が皆様におすすめするのは最高級の夕日が見れる場所「平久保崎灯台」。

石垣島の最北端にある岬で、中心街から車で1時間30分ほどかかるというのもあり、思ったよりも人が少なく、岩山に腰掛けてゆっくりとサンセットを眺められます。

私の仕事は「音を生み出す」事でもあり「感性を研ぎ澄まし磨く」事でもあります。波が踊る音を聞き、風が走る音を肌で感じ、太陽の力強さに圧倒される。日ごろたくさんの「作られた音」に囲まれて生活をしていますが、たまには体が感じるままに音を受け止める事も大切なんだなと、そして何よりも自然の偉大さを再認識しました。

さらに、ここからが皆さまにこっそり教える裏技。夕日が見える名所「平久保岬」が「天然のプラネタリウム」に大変身!?意外と知られていないらしく観客は私たちだけ。手が届きそうなくらい近くはっきりと見える天の川、瞬きをするのが惜しいくらいの流れ星の大群、満点の星空見たさに市街地から平久保岬まで1日に2往復してしまったのはここだけの話ですが…(笑)。
それだけの価値があると思いました。「真剣に遊ぶ!!」これこそが”男のロマン”なのではないでしょうか。

今回もお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回は今回の旅のもう一つの目的地 日本最西端の島「与那国島」をご紹介したいと思っております。地元の方からこっそり教えていただいた秘密の裏道。果たしてその先には何が!?

大人の旅とドライブに音楽という彩りを。

それでは次回もお楽しみに。

Posted by

田邊 有希/ドラマー・ピアニスト・アレンジャー

2歳の頃からピアノを始め、小中学校では吹奏楽部でサックスとドラムを担当。高校時代にバンド活動を始め、ドラムを本格的に極める。その後、ロックバンド「BRADIO」のドラム担当として2017年にメジャーデビュー。2018年、同バンドを脱退と同時に、ドラマー/ ピアニスト/ アレンジャーとして活動を開始。有名ミュージシャンのバッグバンドでも演奏を務める。

■Official Blog
https://ameblo.jp/yuki-tanabe-official

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE