VOL.1 Moonlight Serenade

東京お台場の夜景
東京お台場の夜景

初めまして。
ドラマー/ピアニスト/アレンジャー(編曲家)の田邊有希です。
今月から『Drive!NIPPON』でコラムを連載させていただく事になりました。
幼少期からピアノ、サックス、ドラム等たくさんの楽器に触れ、20代前半から本格的にバンド活動を始め、その間、全国各地、本当にたくさんの地域、場所に足を運ばさせていただきました。
そんな私が、”旅先でドライブするならこの音楽”をミュージシャン目線でご紹介できたらと思っております。
このコラムでは、音楽の素晴らしさを皆様と一緒に共有できたら良いなと思っております。
その記念すべき第一回目。
初回ということで色々と迷いましたが私が東京出身という事もありますので今回は「東京お台場の夜景」をご紹介したいと思います。

今や東京の観光名所と言っても過言ではない場所『お台場』。
オフィス街のビル群を背にレインボーブリッチを渡ると、まるで違う国へ旅に行くような感覚になります。
そんな素敵な場所で夜景の光に包まれ、ドライブしながら聴く音楽は、
Alton Glenn Miller(オルトン・グレン・ミラー)の「Moonlight Serenade(ムーンライト・セレナーデ)」。

キラキラした都会の光と、穏やかな波の音と共に聴くジャズの名曲、オールディーズナンバー。
実は、私が物心つく前、3歳の頃に初めて人前で演奏した曲、音楽を始めるきっかけになった曲でもあります。
グレン・ミラー=ジャズ王道、そして”ジャズ"は少し難しくて仕切りが高い、
そんなイメージを持たれてる方も少なくないんじゃないかなと思います。
正直、私もそのイメージを持っていたのですが、今回ムーライトセレナーデを始め、グレンミラーの代表曲を改めて聴き直して思ったのは”メロディアス”だなぁという事。ジャズ の演奏の上にメロディーがあるのではなくメロディーがジャズを選んだ、そんな印象を受けましたし、そういう面では現代のポップスと通ずる物があるという発見もありました。

そしてジャズといえば”Swing Beat(スウィングビート)”、“Swing”には”揺れる”という意味があります。
海岸沿いに車を停めて目を閉じて波の音を聞いた時、“Swing Beat”と”波の揺れ”理論では説明できない不規則の気持ちよさそんな共通点も見つけました。海に浮かび上がる”月” と”夜景”の光、そしてSwingする”波”を感じてMoonlight Serenadeを聴きながら海岸沿いをドライブしてみるのはいかがですか?

さらに、極め付けは私のお勧めの場所。 海岸沿いを少し走りレインボーブリッチの下まで行くと東京の夜景とお台場の夜景を同時に見れる隠れスポットがあります。 お台場海浜公園を散歩したり、観覧車に乗って東京の街を一望したり、ゆっくりショッピングやディナーを楽しむのも素敵ですが、 そちらもお勧めなのでぜひ足を運んで見て下さいね。
何を隠そう私自身がデートの時によくその場所に行ってたのはここだけの話、、、

今回はジャズをメインに話させていただきましたが、このコラムでは洋楽、邦楽、ジャンル問わず”旅””ドライブ””音楽”に寄り添う、 そんなMusicをご紹介していきたいなぁと思っております。

大人の旅とドライブに音楽という彩りを。

それでは次回もお楽しみ下さいませ。

Posted by

田邊 有希/ドラマー・ピアニスト・アレンジャー

2歳の頃からピアノを始め、小中学校では吹奏楽部でサックスとドラムを担当。高校時代にバンド活動を始め、ドラムを本格的に極める。その後、ロックバンド「BRADIO」のドラム担当として2017年にメジャーデビュー。2018年、同バンドを脱退と同時に、ドラマー/ ピアニスト/ アレンジャーとして活動を開始。有名ミュージシャンのバッグバンドでも演奏を務める。

■Official Blog
https://ameblo.jp/yuki-tanabe-official

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE