VOL.8 「富士山」は心のバロメーター

 あっという間にもう2月。占いなどによっては、ここから新年を迎えると言われている節分も過ぎちゃいまして、豆まきも恵方巻も忘却の彼方…。なんとなくの区切りもないまま、もう2月半ば過ぎ!このペースだと今年もあっ!という間に終わっちゃいそうで心配です。でもね、いろんなことが起こるせいで、考えようによっては「あれ?まだ2月なの?」という感じでもあるのです。もう2月なのか、まだ2月なのか…人間の感覚って不思議なものですね。
 そして、その不思議な感覚は人それぞれだと思うのですが、その中でも多くの方が感動するもののひとつに「富士山」がありますよね。私は富士山を見ると、なんとなく気持ちがアガルんですよ。キレイに富士山が見えた時は、なんとなく富士山に守ってもらっているように感じたり、頑張ってるね!と、認めてもらったり、応援してもらえたように思えたりして、安心できるのです。逆に雲にすっかり隠されて姿を拝めない日は「ダメなんだなぁ…。まだまだなんだなぁ…。もう少し頑張らなきゃ!」なんて、自分を叱咤激励したりして。なんとなくではありますが、自分の心のバロメーターになっているんですよね。
 そんなわけでいつかは富士山に登りたいなぁ~とは思っているのですが、スケジュール的にも体力的にも覚悟的にも、そうそう簡単に登れるわけでもないし…と思っていたところ、代理登山ができる富士塚というものがあるということを教えていただきました。
 富士塚とは、富士山信仰のひとつとして作られた、富士山の溶岩を使って作った人造の山塚ですが、富士山の遥拝所や代理登山としての性格を持っているんだとか。
 調べてみると東京には、なんと約70基の塚がありまして、国や都の重要有形民族文化財に指定されているものも多いんですね。神社や寺院、民家や公園の中などにあるのですが、平地に石を積んだ築山状のもの、斜面や高台や塚を利用したもの、または高台にある神社そのものを富士塚にしてしまったものもあるんだそう。

手始めに渋谷区千駄ヶ谷にある鳩森神社や中央区湊にある鉄砲洲稲荷神社の富士塚に行ってみましたが、いやはやかなり立派なものなんですね。鉄砲洲稲荷神社は通常は登れませんが、鳩森神社は通年登山が可能。たくさんの方が登山していらっしゃいました。
 私も神社に参拝した後、実際登ってみましたが、なんとなく清々しい気持ちになれたので、是非ともまた行きたいと思います。
 というわけで、今年もDrive NIPPON!いろんなところにお出かけしちゃいますよ~。
 そして、全日本ラリー選手権への参戦の方も粛々と動いております。来月にはもう少し詳しくお知らせできると思いますので、もう少々お待ちくださいね。引き続き応援、よろしくお願いいたします!

Posted by

竹岡 圭/タレント・モータージャーナリスト

「クルマは楽しくなくっちゃネ!」がモットーのタレント&モータージャーナリスト。BS日テレ「おぎやはぎの愛車遍歴NO CAR,NO LIFE!」では、おぎやはぎと共にMCを、JFNネットワーク「Car Life Up To You」ではパーソナリティを務めるなど、TVやラジオやイベントを中心に、雑誌やWeb等でも活動中。また、モータースポーツにも積極的に参加しており、2017年からはこれまでのレース畑から一転、長年の夢だったラリーの世界「全日本ラリー選手権」に飛び込んだ。「クルマとモータースポーツを日本の文化にしたい!」という思いで、選手の立場から発信できることを模索するため、自らレーシングチームを立ち上げて参戦している。日本自動車ジャーナリスト協会副会長。日本・カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

【ブログ等URL】
~竹岡圭~
◆Facebook
http://m.facebook.com/kei.takeoka0330/
◆Yahoo! Official blog
http://blogs.yahoo.co.jp/kei_takeoka
◆Twitter
https://twitter.com/kei_takeoka
◆Instagram
https://www.instagram.com/kei_takeoka/

〜圭rally project〜
◆Web Site
http://www.kei-rally.com
◆Facebook
https://www.facebook.com/keirally

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE