通常非公開!京都・東福寺の塔頭「正覚庵」にて秋の特別拝観11/25~12/11開催

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

「筆の寺」としても名高い東福寺の塔頭「正覚庵」にて、秋の特別拝観が2022年11月25日(金)より開催されます。

正覚庵は、正応3年(1290)に東福寺五世住持の山叟慧雲を開山として、鎌倉時代の武将で奥州・伊達政宗の先祖である伊達政依によって創建された東福寺塔頭寺院。「筆の寺」として名高く、江戸時代の文化年間には、境内に筆塚が築かれ、毎年11月23日には「筆供養」が行われています。

■特別拝観
毎年「筆供養(11月23日)」の日にしか一般公開されない通常非公開の東福寺塔頭の正覚庵を、紅葉の季節に特別公開。客殿の前には常緑の木々や苔ともみじのコントラストが美しい庭園が広がり、畳敷きの和室に座ってゆっくりと観覧できます。また、明治・大正期の実業家として知られる白洲次郎の父 文平が、自らの邸宅「白洲屋敷」の一部を寄進したものという本堂や、お茶室も特別に公開されます。

【拝観概要】
期間:2022年11月25日(金)~12月11日(日)
時間:10:00~16:30(最終入場 16:00)
箇所:書院・本堂・茶室(庭園は室内から観賞)
拝観料:大人 900円、小学生 450円、幼児 無料
※団体15名以上 810円、小学生は団体料金なし

【寺院概要】
名称:臨済宗東福寺塔頭 正覚庵
所在地:京都市東山区本町15-808
宗派:臨済宗 東福寺派
※自家用車・大型バスの駐車場はありません。
※タクシーは門前まで上がることができます。

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語