ネッツトヨタ東名古屋株式会社 代表取締役会長 山口 茂樹さん

大学生時代からラリーに夢中で、その実力は関西学生チャンピオンにもなってたほど。だからこその目線で選びそして「夢中になった」愛車をご紹介いただきました。

思い出を含めて、私にとってはトヨタ史上最高のクルマ 『トヨタカローラレビン』
思い出を含めて、私にとってはトヨタ史上最高のクルマ 『トヨタカローラレビン』

学生時代は、ラリーもジムカーナもダートトライアルも、とにかくなんでも参加してけっこう活躍していた。このクルマに積んであるエンジン「2TG」はヨーロッパF3の標準エンジンだったし、トヨタの1600GTもみんなそうだったから、本当にバランスの良いエンジンだったんじゃないかな。でも、じゃじゃ馬、みたいなね(笑)。おもしろいクルマ(エンジン)だった。それこそ、「羊の皮をかぶった狼」。おとなしい顔をして、むちゃくちゃ走った。
※大学生時代、山口さんはダートトライアル関西学生チャンピオン

−プライベートでは今もラリーをやってるんですか?

最近は乗る機会がないし、なかなか走る時間もとれないから、たまに気晴らしで乗れればいい程度。うち(会社)は私以外にも何人かラリーに出ているから、あんまり熱を入れすぎたらスタッフに怒られるし(笑)。

−サーキットレースとの違いはなんですか?

こんなこと言ったら怒られるけど、公道をスピード違反を気にすることなく全開で思いっきり走りつづけられるレースってラリーしかない。しかも完全クローズドで「好きなように走っていいよ」っていう世界感は唯一。それに、競い合っているわけじゃなく、自分のペースで道と語りながら楽しめるっていうかね。マイペースで、実力を超えることなく、ちょっとずつチャレンジしながら走っていくっていう楽しみがあるよね。サーキットの中は、駆け引きしながら競り合いがあるでしょ。そういうのじゃなくて、ただただ、全開で道に向かっていくのがいい。

インパクトが強かったエンジン「1G」 『トヨタクレスタ』
インパクトが強かったエンジン「1G」 『トヨタクレスタ』

昭和56年の4月だったかな。山崎努さんが出てたCM。タコメーターがビューンって上がるCM。トヨタの2リッターには、それまで6気筒の「M型」っていう重いエンジンしかなかった。そこに「1G」っていうむちゃくちゃ吹き上がりが良いのが出てきた。こんなストレスのないエンジン初めて、というくらいびっくりしたよね。すごいインパクトがあった。

私は個人的にアリスト党。初代から今まで乗り続けています。 『トヨタ アリスト』
私は個人的にアリスト党。初代から今まで乗り続けています。 『トヨタ アリスト』

「世界最速のセダン」という触れ込みで出てきたアリスト。何がすごいって、クルマって投影面積(全長×全幅)と車両重量は正比例する。だから、投影面積が大きくなったら当然のごとく車両重量は重くなる。この投影面積に対する車両重量が、当時世界で一番軽いクルマが「メルセデスベンツSLクラス」と言われていた。アリストは、メルセデスを下回るように意図的に徹底的に軽量化されてデビューしてきた。だから投影面積に対する車両重量の軽さでは世界でも群を抜いて軽かった。そこに、高排気量で高トルク、1,500回転から一気に爆発的にトルクが上がっていくっていうすごいエンジンが積まれていて、ドーンと走ってくれるんですよ。あんな、むちゃくちゃ速い車初めて見たってくらい速くて。とにかく群を抜いて凄かった。それを体感してからはもうずっとアリスト(現GS)党です。

−「ゴージャスの最高」と「スペックの頂点」

価格が高くなると「豪華になる」って日本人は考えるんですよ。でも、ヨーロッパ人は価格が高くなると「性能がよくなる」って考えるんです。トヨタは、「豪華になる」の頂点にセルシオ(現レクサスLS)。「性能がよくなる」の頂点にアリスト(現レクサスGS)をもってきたわけです。また、セルシオには「最高」っていう意味があって、アリストには「頂点」っていう意味があって、つまりトヨタは2つのフラッグシップ(最高と頂点)をつくったんです。

−LSとGSの位置づけの違いは、主の位置づけの違い

当時のセルシオ(現レクサスLS)の後部座席は前席よりちょっと高いんです。主(あるじ)は後ろで見晴らしの良い席に座って、運転している人(前席)が低いところに座る、っていう考え方。だからその他の高級車も実はみんなそうなっていた。でも、アリスト(現レクサスGS)はその逆で後部座席のほうが低い。ドライバーが主(あるじ)なんだと。だから後部座席はドライバーより低い。私は運転するのが好きだから、やはりこの思想で創られたクルマに惚れちゃうね。

====================================================================
プロフィール
山口 茂樹(愛知県名古屋市出身)
1981年:同志社大学卒業
1981年:トヨタ自動車株式会社に入社。
1984年:現:ネッツトヨタ東名古屋株式会社に入社(旧トヨタビスタ東名古屋株式会社)
2006年:代表取締役社長就任
2010年:代表取締役会長に就任
現在にいたる
====================================================================

※車両画像:メーカーパンフレットより引用

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE