玄界灘の城下町・唐津をラリーカーが快走!「ツール・ド・九州 in 唐津2021」

九州で唯一開催される全日本ラリー。城と伝統工芸で知られる唐津が舞台

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

九州で唯一開催される全日本ラリー。城と伝統工芸で知られる唐津が舞台

「ツール・ド・九州 in 唐津」は、九州で唯一開催される全日本ラリーです。玄界灘に面した城下町・唐津市が舞台で、伊万里焼で名高い伊万里市周辺にもコースが設定され、海沿いから山間へと移動しながら迫力あるレースが期待できそうです。昨年に続き、今年も「ボートレースからつ」がスタート&フィニッシュ&サービスパークとなります。唐津の林道ステージはタイヤへの攻撃性が高く、タイヤの磨耗を考えながらいかに攻め抜くかが見どころのひとつ。観戦については、主催者ホームページを随時チェックしてください。なお、「ボートレースからつ」での企業ブースや物販などのイベントは、すべて中止されます。

□日程 2021年4月9日(金)~11日(日) 
□場所 佐賀県唐津市、伊万里市 
□注意事項  最新情報は、主催者ホームページhttp://gravel-msc.info/で確認ください 

【ラリー用語辞典】ラリーのエリア名

ラリーは原則一般公道で開催されるため、様々な設備やエリアが競技期間中だけ設置されます。選手が華々しくスタートする「セレモニアルスタート」、タイムアタックを行う競技区間「スペシャルステージ(SS)」、車両の整備やセッティング変更等を行う「サービスパーク」、SSやサービスパークへと向かう際、一般道を通常の交通ルールに則って移動する「リエゾン」などのエリアに分かれ、随所でラリーカーを間近に体感できるのが魅力です。コロナ禍で例年とは対応が異なるため、会場の詳細は事前に確認しましょう。

~海と城と伝統工芸と。「佐賀県唐津市」で自然と歴史を巡る旅~

~海と城と伝統工芸と。「佐賀県唐津市」で自然と歴史を巡る旅~

古代より唐など大陸への玄関口(津)として栄えてきた佐賀県唐津市。江戸時代は唐津藩の城下町、明治以降は石炭の積出港として発展し、面影を残す多彩な歴史遺産に出会えます。玄界灘と里山がもたらす絶景もお楽しみのひとつ。鏡山の山頂から眺める「虹の松原」は日本三大松原の名にふさわしく、白砂青松の美しさに圧倒されます。城、洋館、やきもの、さまざまな魅力に出会える唐津市を巡ってみませんか。
写真提供:(一社)唐津観光協会

海と城のコントラストが美しい。舞鶴城の名を持つ「唐津城」

海と城のコントラストが美しい。舞鶴城の名を持つ「唐津城」

唐津のシンボルといえば、三方を海と川で囲まれた小高い地に建つ「唐津城」。豊臣秀吉の家臣である寺沢志摩守広高が、慶長7年(1602年)から7年かけて築城したと言われています。城の東西に伸びる松原が翼を広げた鶴の姿に見えることから、別名「舞鶴城」とも。元々天守閣はありませんでしたが、昭和41年(1966)に文化観光施設として天守閣が完成しました。館内の郷土博物館で唐津藩の資料や唐津焼などを見学したり、展望所からは玄界灘と虹の松原の絶景を眺めたり。唐津の旅のスタートにぴったりです。

佐賀県唐津市東城内8-1

TEL:0955-72-5697

唐津湾の島で宝くじ当選祈願「高島宝当神社」

唐津湾の島で宝くじ当選祈願「高島宝当神社」

唐津港から定期船で約10分の船旅で、唐津湾に浮かぶ高島へ。茶碗の形のようなこの島が人気を呼んでいる秘密は「高島宝当神社」にあります。400年以上前、高島を荒らす海賊をたった一人で征伐した野崎隠岐守綱吉を、島の守り神として祀ったのが神社の始まり。近年「宝当神社」という名前にあやかり、「宝くじが当たりますように」と参拝する人が増えたのだとか。お礼参りのメッセージも張られていて、ご利益のほどが伺えます。

佐賀県唐津市高島

TEL:0955-74-3715

唐津くんちで使われる曳山が集結!「曳山展示場」

唐津くんちで使われる曳山が集結!「曳山展示場」

毎年11/2~4に行われる唐津神社の秋季例大祭「唐津くんち」では、江戸から明治にかけて奉納された14台の曳山が唐津のまちを巡行。祭り期間以外は「曳山展示場」にずらりと並び、その迫力を目の前で体感できます。鯛や獅子、武将の兜などの造形が多彩で、色とりどりの漆塗りによる華やかさも見事。職人たちが丁寧に修復しながら受け継いできた文化に見惚れてしまいます。

佐賀県唐津市西城内6-33 ※5月より唐津市ふるさと会館アルピノ(唐津市新興町2881-1)に移転予定

TEL:0955-73-4361

肥前の炭鉱王による和洋折衷の邸宅「旧高取邸」

肥前の炭鉱王による和洋折衷の邸宅「旧高取邸」

「肥前の炭鉱王」として名を馳せた高取伊好(たかとりこれよし)の旧宅。約2300坪の広大な敷地に2棟の建物が建ち、和の建築とシャンデリアのある洋間が融合した和洋折衷の造りが特長です。能が好きな高取氏がこだわった豪華な能舞台のほか、杉戸絵や七宝焼の引戸金具、欄間の意匠など美学あふれる建築にうっとり。国指定の重要文化財にも指定されています。

佐賀県唐津市北城内5-40

TEL:0955-75-0289

■全日本ラリー選手権 第3戦「ツール・ド・九州 in 唐津2021

■全日本ラリー選手権 第3戦「ツール・ド・九州 in 唐津2021

□日程 2021年4月9日(金)~11日(日) 
□場所 佐賀県唐津市、伊万里市 
□注意事項  最新情報は、主催者ホームページ(http://gravel-msc.info/)でご確認ください

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語