女性ドライバー限定のラリーが岐阜県恵那市で12月開催!「WOMEN’S RALLY in 恵那 2020」

女城主で知られる岩村から発想を得たラリー。2020年にリニューアル

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

女城主で知られる岩村から発想を得たラリー。2020年にリニューアル

女城主で知られる岐阜県岩村をヒントに誕生した女性ドライバー限定のL1ラリー。4回目を迎える今年から「WOMEN'S RALLY in 恵那 2020」に名称変更し、12月6日(日)に開催されます。会場は、恵那市役所をスタート・フィニッシュとする約160キロメートルのコース。観戦できるSS(スペシャルステージ)は「恵那笠置山モーターパーク会場」と「根の上高原会場」に設置されます。なかでも笠置山会場はコーンを設置してつくるジムカーナ特設コースとなり、迫力のエンジン音と高い技術を間近にできるはず。カラフルなラリーカーが疾走する華やかなラリーにこうご期待!

□日程 2020年12月6日(日)
□場所 岐阜県恵那市

【ラリー会場の楽しみ方】

例年各ラリー会場では、さまざまなイベントが行われています。「WOMEN'S RALLY in 恵那 2020」ではトップドライバーからドライビングレッスンが受けられるイベント(要申し込み・前日開催)やクラシックカーパレードなどを予定。感染予防対策として市役所メイン会場は入場できません。有料観戦エリアか沿道で、各自予防対策を行って応援しましょう!
※有料観戦エリアでの観戦には、事前のチケット購入が必要です

~巨岩と歴史のまち「岐阜県恵那市」のミステリーを探る!?~

~巨岩と歴史のまち「岐阜県恵那市」のミステリーを探る!?~

岐阜県恵那市は、今年の大河ドラマで話題の明智光秀公の生誕地という一説が残ります。ほかにも、朝ドラ「半分、青い。」の舞台となった岩村城下町と日本三大山城である岩村城跡、数々の奇岩がそびえる恵那峡、そして先史時代の記号ペトログラフが刻まれた不思議な岩が多数ある笠置山など、見どころいっぱい。歴史ミステリーを探る旅はいかがですか?
(写真/恵那市観光協会提供)

今年命名100周年。奇岩・怪石の「恵那峡」へ

今年命名100周年。奇岩・怪石の「恵那峡」へ

恵那市を代表する観光名所「恵那峡」は、電力王の福沢桃介が木曽川の急流をせき止めてつくったダム湖。命名100周年を迎える2020年にリニューアルし、魅力を紹介するビジターセンターやウッドデッキが整備されました。12月からイルミネーションも始まるので、夕暮れの湖畔をそぞろ歩いてみませんか。恵那峡の両岸にそそり立つ奇岩・怪石を愛でるなら、恵那峡遊覧船がオススメ。「どうやってこんな形に積み上がったのか」と驚くような奇岩が現れ、自然の神秘に驚くばかり。暖房完備なのでぽかぽかと水上散歩を楽しめます。

岐阜県恵那市大井町恵那峡

TEL:0573-32-1790 (恵那峡ビジターセンター)

恵那市のシンボル「笠置山」。モーターパークも誕生

恵那市のシンボル「笠置山」。モーターパークも誕生

恵那市と中津川市にまたがる標高1128メートルの笠置山は、山頂からの絶景が見事。恵那市内や中央アルプス、晴れた日には遠く伊勢湾まで一望でき、とくに巨岩の上から眼下をダイナミックに見晴らせる「物見岩」は知る人ぞ知るスポットです。山中には「ピラミッド・ストーン」や「ペトログラフ(古代岩刻文字)」などの遺跡も残され、ミステリー好きにもたまらないはず。またモータースポーツによるまちづくりを進める恵那市では、市と地域の連携で「恵那笠置山モーターパーク」をオープン。ジムカーナやヒルクライム会場として利用されています。

岐阜県恵那市笠置町

TEL:0573-25-4058 (恵那市観光協会)

江戸時代の空気に包まれる「岩村城跡」と「城下町」へ

江戸時代の空気に包まれる「岩村城跡」と「城下町」へ

江戸諸藩の城の中で最も高い標高717メートルの地に築かれ、高低差180メートルという地形を巧みに利用した山城、岩村城。奈良の高取城、岡山の備中松山城と並ぶ日本三大山城の一つで、「日本100名城」にも選定されています。井戸から霧が湧いて城を守ったという説から「霧ヶ城」という別名も。現在は石垣が残っており、霧の出やすい早朝はとくに往時の気配を味わえます。江戸時代の面影を残す城下町の散策もぜひ。

岐阜県恵那市岩村町字城山

TEL:0573-43-3231 (恵那市観光協会岩村支部)

ハヤシライスの発案者の出身地で「えなハヤシ」に舌鼓

ハヤシライスの発案者の出身地で「えなハヤシ」に舌鼓

恵那出身で、岩村藩の藩医を務めた早矢仕有的氏は、書店や商社を展開する「丸善」の創業者としても知られています。早矢仕氏は患者の滋養強壮のために肉や野菜をゴッタ煮にしてご飯にかけて食べるように勧めたことから、この料理が「ハヤシ先生のライス」すなわち「ハヤシライス」と呼ばれるようになったとか。恵那市では、地元食材を使った「えなハヤシ」を市内の加盟店で味わえます。栄養満点でパワーアップできそう!

■「WOMEN'S RALLY in 恵那 2020」

■「WOMEN'S RALLY in 恵那 2020」

□日程 2020年12月6日(日)
□場所 岐阜県恵那市
□URL http://www.ena-rally.com/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

友だち追加
» language / 言語