石川県「彦三町 金の間」

金沢の伝統に囲まれて優雅に過ごす
金沢の伝統に囲まれて優雅に過ごす

近江町市場や昔ながらの街並み残るひがし茶屋街など、人気の観光スポットにほど近い場所に佇む「彦山町 金の間」。金沢独特の「べんがら漆喰壁」で仕上げた玄関の前には、江戸時代から金沢に馴染みがある白加賀(梅)と、満点星(ドウダンツツジ)。当時の風格が残る一棟貸切の町家で、歴史と伝統の美しさに酔いしれる特別な時間をお過ごしください。

シックでモダン。雰囲気抜群の内装
シックでモダン。雰囲気抜群の内装

落ち着いた色味のウォールナットを使用したリビング・ダイニング。朱色のラグと青いソファがさりげない彩りを加え、上質な大人の空間を演出しています。また、ダイニングキッチンの天井は以前の構造をそのままに残した開放的な吹抜けに。そこには金沢の伝統工芸「金箔」を用いた赤い提灯が設置されており、こぼれるあかりが優雅に建物を照らします。

伝統工芸に魅せられる
伝統工芸に魅せられる

リビングの奥には、1組の布団が敷けるほどのこぢんまりとした和室が。金箔の上を優雅に泳ぐ一匹の金魚が目を引きます。すぐ隣のリビングとは異なった凛とした空気感を醸し出し、金沢ならではの伝統美に包まれる空間です。

さりげなくおしゃれで個性的な広々和室
さりげなくおしゃれで個性的な広々和室

2階にある和室は布団を6組ほど敷ける広々とした寝室。壁の色が赤や黄色であるにも関わらず派手すぎず、純和室の魅力をさらに引き立ててくれています。また、床の間に設置されたアンティークの絵皿に掛け軸など、細部まで気を抜かないさりげないこだわり。
宿でしっかり、ゆったりと羽を伸ばし、ときどき観光にも出かける。そんな優雅な大人の金沢旅行にぴったりの町家です。

住所:石川県金沢市彦三町1-11-17
TEL:050-3786-2009

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE