自然が織りなす、岩手県の絶景を満喫

山と海に囲まれ、日本面積の約4%を占めると言われる岩手県。歴史に文化、温泉など岩手に行ったら体験したいことが盛りだくさん。中でも自然豊かな岩手県ならではの海の景勝地や渓谷、鍾乳洞など、自然の地形が織りなす絶景は見応えがあります。

まるで水墨画の世界「猊鼻渓」
まるで水墨画の世界「猊鼻渓」

国の史蹟名勝天然記念物に指定されており、日本百景の一つとして数えられる猊鼻渓(げいびけい)は、北上川の支流、砂鉄川沿いに約2km続く渓谷。舟下りでは、高さ約100mの断崖絶壁がそびえる圧巻の渓谷美を間近で見ることができます。一度見たら忘れられないくらい幻想的な景観で、まるで水墨画の世界にいるような気分に。船頭が唄う「げいび追分」が静かな渓谷に響き渡り、さらに気分を盛り上げてくれます。

一関市東山町長坂字町467

TEL:0191-47-2341

青く輝く地底湖が美しい!神秘の鍾乳洞「龍泉洞」
青く輝く地底湖が美しい!神秘の鍾乳洞「龍泉洞」

日本各地にある数万年の時を経てできる鍾乳洞の中でも、日本三大鍾乳洞の一つとして数えられる「龍泉洞」。公開されているのは700mですが、見つかっている部分は3,600m、総延長は5,000m以上と推測されています。洞窟に入ると芸術品のように美しい見ごたえたっぷりの鍾乳石。また、さらに進むと奥から湧き出る清水で形成された数カ所の地底湖があり、その透明度は世界有数と言われています。ライトによって青く輝く地底湖は通称ドラゴンブルーと呼ばれ、その神秘的な姿が人々を魅了しています。

下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1

TEL:0194-22-2566

三陸を代表する景勝地「浄土ヶ浜」
三陸を代表する景勝地「浄土ヶ浜」

三陸復興国立公園、三陸ジオパークの中心にあり、宮古を代表する観光スポットとして有名。浄土ヶ浜は、宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖が「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名付けられたとされています。流紋岩という白い岩がそびえたち、その岩の上には県の木でもあるナンブアカマツなどが生息。白い岩肌と、松の緑、そして透明度の高い海の青のコントラストは必見。壮大な自然の力を体感できる場所です。

宮古市鍬ヶ崎第7地割字臼木32番地ほか

TEL:0193-62-2111(産業振興部観光港湾課)

圧倒的存在感。岩手県の最高峰「岩手山」
圧倒的存在感。岩手県の最高峰「岩手山」

標高2,038m、岩手県の最高峰で全国から多くの登山者が訪れる岩手山。南部片富士と呼ばれ、東斜面のみが富士山のように美しく長い裾野を引いています。麓では地元の人々から親しまれ、その存在感は格別です。登山して頂上からの眺望や高山植物を楽しむもよし、周辺を温泉から、またドライブしながら岩手山を眺めるのもよし。春は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と季節によって表情を変える岩手山をさまざまな角度から堪能できます。

八幡平市・滝沢市・雫石町

大自然の迫力を感じる「北山崎」
大自然の迫力を感じる「北山崎」

海岸線に高さ200mもの断崖絶壁が続く、北三陸を代表する景勝地です。その絶景は、公益財団法人日本交通公社の全国観光資源評価の「自然資源・海岸の部」で最高ランクの特A級に格付けされるほど。展望台からは、息を呑むほど美しい雄大な景色を見渡すことができます。また、700段以上続く階段を降りれば、断崖直下の波打ち際から迫力満点の景色が目の前に。往復するのにはかなりの体力がいりますが、一見の価値あり。

下閉伊郡田野畑村北山

TEL:0194-33-3248(田野畑村総合案内所)

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE