FEATURE

YAMANASHI

山梨・甲府

DRIVE NIPPONについてのイメージ写真
  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE
  • FEATURE
  • YAMANASHI
  • 山梨・甲府

YAMANASHI

世界遺産 富士山麓で
山梨満喫ドライブ

山梨県は、都心からのアクセスも良くフルーツ農園や温泉など観光スポットが多い人気の観光地。
中でも世界遺産である富士山を眺める絶景スポットが有名だ。
その富士山麓で今話題の場所や自然、甲州ワインなど山梨の魅力を満喫しに行こう。

  • 山梨県立リニア見学センター
  • 忍野八海
  • 吉田のうどん
  • 大善寺
  • ぶどう狩り
  • 勝沼ワイナリー
  • 石和温泉
山梨・甲府

今話題のリニア見学センター(1)、忍野八海(2)へ行った後は、少し戻って富士吉田市で吉田のうどん(3)を堪能。約45分程で大善寺(4)へ。最後は石和温泉(7)で旅の疲れを癒そう。

01 時速500kmの超電導リニアを間近で体感 山梨県立リニア見学センター

山梨県立リニア見学センター

2027年に東京—名古屋間で開業予定のリニア中央新幹線。山梨県立リニア見学センターは、時速500kmで走る超電導リニアを見学できる日本唯一の施設だ。2014年に新設した「どきどきリニア館」では、超電導リニアの走行実験を見学できる他、模型や展示物から超電導リニアについて学べたり、映像と振動でリニアをシアターで体験できたり、子供から大人まで楽しめる施設になっている。

住所:都留市小形山2381 
TEL:0554-45-8121

山梨県立リニア見学センター

02 富士の恵みを感じる神秘的な八つの池 忍野八海

忍野八海

富士山の伏流水を水源とする八つの涌水池から成っている忍野八海。時間や季節で様々な姿を見せ、どれも神秘的な美しさを持っている。国の天然記念物である忍野八海は、世界遺産富士山の構成資産の一部としても認定されている。かつて、富士山信仰に関わる巡拝地として、道者たちはこの水で穢れを祓ったとも言われている。池の周辺には、茅葺き屋根の資料館や食事処もある。

住所:南都留郡忍野村忍草 
TEL:0555-84-4221(忍野村観光協会)

忍野八海

03 富士山のおいしい水で作る歯ごたえある名物うどん 吉田のうどん

吉田のうどん

富士吉田市の名物として知られる吉田のうどん。吉田のうどんは、手ごね、寝かせ、足踏みと手間暇かけて作られた噛みごたえのある麺にキャベツなどの野菜がのっているのが特徴。味噌や醤油ベースのつゆだけでなく、味噌と醤油をブレンドしたつゆを使用しているのも独特だ。市内80店舗以上で食べることができる。

住所:富士吉田市
TEL:0555-21-1000(ふじよしだ観光振興サービス)

吉田のうどん

04 甲州ぶどうの由来となったぶどう寺 大善寺

大善寺

養老2年、行基が修行中に夢で手にぶどうを持った薬師如来が現れたことで、その夢を喜び、夢の中と同じ薬師如来像を安置したのが大善寺である。そして行基は村人にぶどうの作り方を教えたことで、この地で甲州ぶどうが栽培される様になったと伝えられている。よって、大善寺はぶどう寺とも呼ばれている。大善寺には、薬師堂や薬師如来像など国宝や国の重要文化財が多く保存されている。また、宿房としての一般開放や精進料理(予約制)も提供も行っている。

住所:甲州市勝沼町勝沼3559 
TEL:0553-44-0027

大善寺

05 フルーツ王国ならではの旬体験 ぶどう狩り

ぶどう狩り

フルーツ王国として有名な山梨県。盆地で夏は暑く冬は寒いといった気候と美味しい水がぶどう作りに適した土地であることから、特にブドウ栽培が盛んだ。甲州市一帯にはぶどう農園が点在し、美しい風景が広がっている。この地域のぶどう園では様々な品種のぶどう狩りを体験ことができる。自分で収穫した旬のぶどうを産地で食べる。秋の山梨でぜひ体験してもらいたいアクティビティだ。
※7月中旬から10月中旬頃まで。

ぶどう狩り

06 国産ワインを代表する甲州ワインを知る 勝沼のワイナリー

勝沼のワイナリー

国産ワインとして有名な甲州ワイン。勝沼町では25以上ものワイナリーが点在しており、1000年以上の歴史を持つとされる日本固有の甲州ぶどうを使ったワインの生産が盛んに行われている。見学可能なワイナリーも多く、それぞれのワイナリーで工場見学や試飲ができるほか、ワイナリー限定ワインなどお土産を購入することもできる。

勝沼のワイナリー

07 山梨県内最大の温泉街 石和温泉

石和温泉

昭和36年にぶどう畑から突然湧き出た青空温泉から始まったとされる県内最大規模の温泉郷。甲府盆地のほぼ中央に位置しアクセスも良く、多くの観光客が訪れる人気の温泉地で大型ホテルから庶民的な宿まで100軒以上の温泉宿が軒を連ねる。また、温泉街には飲食店だけでなく、足湯スポットも点在するため、街を散策してみるのもオススメだ。

住所:笛吹市石和町
TEL:055-262-3645(石和温泉観光協会)

石和温泉