COLUMN

KEIKO

KEIKOの「逸品をたずねる旅」

山形県 米沢牛黄木(おおき)の「米沢牛」

特別な日は目利きで選び抜かれた米沢牛で「すき焼」を

夏は暑く、冬は寒さが厳しい山形県南部の置賜(おきたま)地方。その風土の中で肥育された牛は、上質の脂と肉質を育む。創業大正12年の老舗「米沢牛黄木(おおき」は、納得した牛だけを仕入れ、お客様に提供するという強い思いのもと、数ある米沢牛の中から選び抜いたものをお届け。

「米沢牛ロースすき焼用」のお肉は、とろける食感と甘い脂がお口の中で広がる。お正月やお誕生日など、ちょっと贅沢したいときにおすすめ。
「黄木の黒毛和牛入りハンバーグセット」はふっくらジューシーな味わいの上、デミグラス・イタリアン・和風の3種のソースでいろいろ楽しめる。湯せんするだけの簡単調理なので忙しい会社勤めの方や料理が苦手な方におすすめ。

米沢市内には黄木直営レストラン「金剛閣」と精肉小売店(以下店舗)もあるので、山形県へ観光に出かけた際は、是非とも訪れたい。

株式会社 米沢牛黄木(おおき)

株式会社 米沢牛黄木(おおき)

住所:山形県米沢市桜木町3-41
TEL:0120-75-2240

※お取り寄せ・詳細はこちらから
地産他消市場

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

Posted by

KEIKO/バイヤー

ライター。日本国内外を自由に飛び回っている。
各地でいろんな人に出会う楽しみがあるが、美味しいものに出会えるのが一番の楽しみでもある。

Posted by

KEIKO/バイヤー

ライター。日本国内外を自由に飛び回っている。
各地でいろんな人に出会う楽しみがあるが、美味しいものに出会えるのが一番の楽しみでもある。

KEIKOの「逸品をたずねる旅」

Recommend
他のオススメ記事