ARTICLE

24
  • ARTICLE
  • てっぱん土産
  • Drive Nippon vol.24

てっぱん土産

山梨県

世界遺産に登録された富士山、南アルプスや八ヶ岳など、多数の山々に囲まれた山梨県。山中湖や河口湖など湖も豊富で、清里高原に代表される雄大な景色が広がる、心癒される土地だ。

甲州ブドウから造られた<br>海外でも高評価の白ワイン

甲州ブドウから造られた
海外でも高評価の白ワイン

「甲州ワイン」

かつて「甲州」と呼ばれていた山梨県。その名を持つ甲州ブドウは、千年以上の歴史を持つ日本固有のブドウ品種。その甲州ブドウを使ったワインが「甲州ワイン」だ。シュール・リー製法や樽を使用したもの、スパークリングワインなど、さまざまなタイプのワインが造られている。2010年にはワインの国際的審査機関「OIV」に品種が登録され、また、国際ワインコンクールでは数々の賞を受賞している。

■問い合わせ先
山梨県ワイン酒造組合
055-233-7306

平打ち麺と野菜を煮込んだ<br>心も体も温まる郷土料理

平打ち麺と野菜を煮込んだ
心も体も温まる郷土料理

「ほうとう」

太い平打ち麺と野菜を、味噌仕立ての汁で煮込んだ、山梨県の郷土料理「ほうとう」。戦国時代の武将・武田信玄が自らの刀で食材を切ったことから、「宝刀」と名付けられたという説もある。一緒に入れる野菜に決まりはなく、季節の野菜を入れることがほとんどだが、カボチャを使用することが多い。麺は、打った後に寝かしていないためやわらかく、煮込むと汁にとろみがつくのが特徴。

鹿革に漆で模様をつけた<br>革の伝統工芸品

鹿革に漆で模様をつけた
革の伝統工芸品

「印伝」

鹿の革に漆を施す独自の製法から誕生した、しなやかで丈夫な革製品。巾着や財布、印鑑入れなど袋物が親しまれ、弥次喜多の珍道中として知られる十返舎一九の滑稽本「東海道中膝栗毛」の作中に、「腰に下げたる印伝の巾着を出だし、見せる」という一文があることから、粋を愛する江戸の人々に好まれていたことが分かる。1987年には、経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定された。

■問い合わせ先
甲府印伝商工業協同組合
055-220-1660
  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

てっぱん土産

Recommend
他のオススメ記事