ARTICLE

23
  • ARTICLE
  • てっぱん土産
  • Drive Nippon vol.23

てっぱん土産

石川県

豊かな自然と海・山の幸に恵まれた石川県。加賀百万石の城下町として栄え、加賀百万石文化が今なお息づいている。来年開山1300年を迎える日本三名山霊峰白山や加賀平野、能登半島、温泉郷が有名。

磨かれた職人の腕が握る<br>旬を味わう百万石の鮨

磨かれた職人の腕が握る
旬を味わう百万石の鮨

「百万石の鮨」

日本海と七尾湾、ふたつの漁場を持つ石川県。四季折々の魚介類が年間を通じて楽しめるとあり、鮨店舗数(人口10万人あたり)と、鮨の年間消費額が全国トップクラスになるほど鮨好き。百万石の鮨は、石川県鮨商生活衛生同業組合に加盟する32店舗で提供されている、熟練の職人が吟味した旬のネタ特選10貫セット。10貫のうちの1貫は“親父の一貫”と呼ばれる渾身の鮨で、職人の技とこだわりを堪能できる。

■問い合わせ先
石川県鮨商生活衛生同業組合
076-262-8610

極上の食文化を楽しめる<br>百万石のたからもの

極上の食文化を楽しめる
百万石のたからもの

「加賀料理」

恵まれた山海の食材を加賀風の手間をかけて調理し、九谷焼の器や蒔絵を施した漆器など豪華な器に盛り付けられるのが特徴の加賀料理。加賀百万石の食文化を、まずは目で味わい、さらに豊かな幸を舌で味わう。そんな極上の食文化を堪能できるのが、加賀料理の魅力。料亭の味を体験したことのない人でも気軽に楽しめるよう、県内の18軒の料亭が参加し「百万石のたからもの ~あらたな加賀料理にふれる旅~」を開催。食事代金は全店統一価格で、昼食10,000円・夕食20,000円(奉仕料・席料・室料込、税抜)。

■問い合わせ先
石川県料理業生活衛生同業組合
076-221-8188

海幸土産の花形になるべく<br>白身魚の王様

海幸土産の花形になるべく
白身魚の王様

「のどぐろ」

今や石川県では、海幸の花形へと上りつめるかのごとく勢いのあるのどぐろ。高級白身魚といえば、一般的にはマダイやヒラメの名が挙がるが、石川県では、のどぐろはそれらに勝るとも劣らない。秋から冬にかけて脂がのってくるのどぐろは「白身のトロ」と表現されるほど素晴らしく、料理法も選ばない。
  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

てっぱん土産

Recommend
他のオススメ記事